輸入中古車|RSの源流、1974 フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様のレストア中古車を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フォード エスコート Mk1 RS2000仕様

フォードRSモデルの源流の一つ、といえる1974年式 フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様(Ford Escort Mk1 RS2000 Mexico)のレストア中古車をご紹介・販売いたします。

初代エスコートにはいくつかのRSモデルが存在しますが、「フォード エスコート Mk1 RS2000」はモデル末期にフォード ピントから移植された2000cc OHCエンジンを搭載したモデルです。この個体はエスコート Mk1 1300GT?のシャシーをベースにエンジン換装・ボディの大幅な改修によってRS2000の外観を再現したリクリエーションモデル。全面的なレストアとともに現代の走行に対応できる改修が各部に施されています。

クーポン倍増!

クーポン倍増!

エスコート Mk1 RSの系譜。

初代エスコート(Mk1)は1968年から1974年にかけてイギリスを中心に生産された、FR(フロントエンジンリアホイール駆動)のオーソドックスな3ドアクーペモデルです。

当初はケントエンジンと呼ばれる1.1Lと1.3Lの直4エンジンが搭載され、後にロータス製の1.6L DOHCエンジンを搭載した「ツインカム」、さらにはコスワース製の1.6L DOHC 16バルブBDAエンジンを積んだ「RS1600」の登場に至り、当時のラリー史に名を馳せました。

フォード エスコート RS1600

フォード エスコート RS1600

フォード エスコート メキシコ

フォード エスコート メキシコ

市販されたRS系モデルは主に次の3つ。

  • フォード エスコート RS1600(1969)
  • フォード エスコート メキシコ(1970)
  • フォード エスコート RS2000(1973)

フォード エスコート Mk1の最も記憶に残るラリー史での活躍として、「1970年のロンドン-メキシコ ワールドカップ・ラリーでの勝利」を挙げないわけにはいきません。ハンヌ・ミッコラの駆るエスコート Mk1 1850GTはこのロンドン-メキシコ間の約26,000kmに及ぶ長く過酷なラリーを制し、エスコートの名声をさらに高めました。これを記念したモデルが「エスコート メキシコ」です。生産は「RS1600」と同じ英国エセックス工場製でRSの兄弟モデルと称されることの多いモデルでした。

1973年にはフォード ピントに搭載された2.0LのOHCエンジンを移植した「RS2000」が登場します。

フォード エスコート RS2000

フォード エスコート RS2000

フォード エスコート Mk1 RS2000仕様 リア

フォード エスコート Mk1 RS2000仕様 リア

YMワークスにて並行輸入、現代の日本国内での走行が可能なように調整をしてきた個体

現車は2017年にYMワークス(大阪府堺市・神奈川県横浜市)によりイギリス(英国)から直接輸入(いわゆる並行輸入)した車両です。

オールドフォード車やコスワース系のパーツで定評のあるイギリスの「バートンパワー(BURTON POWER)」取扱いのパーツを多数装着し、多少、ハードな使用と現代の日本国内での走行が可能なように調整を進めてきました。先日のヨーロッパフォードミーティング(SPA西浦)でサーキットの実走テストも行っています。

【イベントレポート】ヨーロッパフォードミーティング2017(EFM2017)/愛知県蒲郡市 スパ西浦モーターパーク

2017年11月5日、愛知県蒲郡市のスパ西浦モーターパークにて「ヨーロッパフォードミーティング2017(Europe Ford Meeting 2017、通称EFM2017)」が開催されました。 当...

SPA西浦でテスト走行

SPA西浦でテスト走行

主な装備品は以下の通りです。装備品の詳細につきましてはご相談ください。

  • ボデー全塗装及びレストア
  • 4スロットルキャブ
  • エキゾーストマニフォールド(たこ足)
  • アルミラジエーター
  • ストラットバー
  • タンデムマスター
  • ロールケージ
  • アルミ安全タンク及び強化フューエルポンプ
  • ブレンボキャリパー
  • 調整式サイドブレーキ
  • 車高調整式サスペンション
  • フロントサスピロー化
細かなところも近代化改修済み

細かなところも近代化改修済み

リアトランク内のスペアタイヤと安全燃料タンク

リアトランク内のスペアタイヤと安全燃料タンク

クラシックカーレースやラリーへの参加もオススメ。

この個体は前述のようにロールケージの組込みをはじめ、足回りやクラッチ等の駆動系・ブレーキの強化も施されており、現在の日本での使用も十分可能になっています。一般公道におけるクラシックカーラリーはもちろん、ちょっとしたクラシックカーレースでの使用も十分可能です。

イギリスをはじめ欧州では、現在でもエスコート Mk1 RS系のレストア・チューニング向けパーツが多数流通しており、補修や追加のチューニングパーツのご提供も当分の間、問題ないと思います。

SPA西浦でテスト走行

SPA西浦でテスト走行

フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様の価格と車両個体情報

車名 フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様
Ford Escort Mk1 RS2000 Mexico
販売価格 ¥5,300,000 ¥5,100,000(税込乗り出し価格、大阪近郊納車)※遠方納車費用は別途
型式 不明
初度登録 2018年3月(国内登録年度、1974年製造)
車検 2021年3月
走行距離 67,500マイル(約109,000km)
ハンドル
ドア数 2
カラー レッド
全長x全幅x全高 3970x1690x1410mm
車両重量 約1000kg
乗車定員 2名
トランスミッション 5MT
エンジンタイプ 水冷直列4気筒OHC
総排気量 1993cc
最高出力 約100BHP(74.6kw) / 5750rpm
最大トルク 約146Nm(14.9kgm) / 3500rpm
修復歴 なし
特記事項  リクリエーションモデル

フォード エスコート Mk1 RS2000 メキシコ仕様の車両詳細画像ギャラリー

クリックで大きい画像が表示されます。

掲載中の中古車に関するお問い合わせ

下記のお問い合わせフォームにご入力いただくかお電話にてお気軽にお問い合わせください。なお、お問合せいただきました内容によっては、お時間をいただく場合やご回答しかねる場合がございますのであらかじめご了承ください。

また、並行輸入に関しては、お客様からよくご質問いただく質問をまとめた「欧州車の並行輸入に関するよくあるご質問(FAQ)」と、並行輸入の一連の流れをまとめた「並行輸入車をご購入いただく場合の流れ」のページをご用意しております。お問い合わせいただく前に、併せてご利用ください

※電話番号のお掛け間違い、メールアドレスの入力ミスにお気をつけ下さい。

電話でのお問い合わせ

045-624-9152
受付時間/ 10:00 20:00(水祝除く)
担当者:宮崎(ミヤザキ)

※お電話の際、「コアカーズの中古車記事を見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

お名前 必須

ご住所 必須

電話番号 必須

メールアドレス 必須

ご検討中の中古車 必須

メッセージ本文 必須

プライバシーポリシー

※本記事は2018年3月25日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事