アルファ ロメオ ステルヴィオを速報。並行輸入の予約受付を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アルファ ロメオ ステルヴィオ

イタリアの名門ブランド、アルファ ロメオは、2010年代後半、北米への再進出、プレミアムブランドとしての再編など、イタリアに留まらず、ヨーロッパ全土で見ても、もっともアグレッシブな姿勢を取っているメーカーのひとつかもしれません。

そんなアルファ ロメオにとって、ジュリアに続く新機軸モデル第二弾、またブランド初のSUVとして送り出されるのがステルヴィオ(ステルビオ、Alfa Romeo Stelvio)です。

今回はアルファ ロメオ ステルヴィオのヨーロッパや日本での販売予定など、最新情報をお届けします。また、ステルヴィオの並行輸入の予約受付も行います。2017年最注目の高級SUVをいち早く並行輸入で乗ってみませんか?

ステルヴィオの特徴

ステルヴィオという名前はイタリア北部に位置し、スイス国境も近いステルヴィオ峠に由来します。峠道は25kmに渡り続き、標高は2,758mに到達、途中のつづら折りは実に48回を数えると言われ、BBCの名物番組「トップギア」では世界最高のドライビングロードと評されました。またステルヴィオ峠は世界3大自転車レースのひとつ、ジロ・デ・イタリアのコースにも何度となく組み込まれており、3週間に渡る過酷なレースのハイライトとして、数多くのドラマを生んできたので、日本でも特に自転車レースファンの間では知名度の高い場所かもしれません。

かつては同地の名を冠したモデルとしてオーテック・ザガートステルビオという日伊合作のスポーツカーが販売されたこともあり、その特殊な成り立ちは四半世紀を超えても尚、コアなクルマ好きの間でたまに語り草になりますが、今回のアルファロメオ ステルヴィオは、このかつてのステルビオと関連性のあるモデルではありません。混同を避けるためか、日本語でのカタカナ表記はステルビオではなくステルヴィオとするものが多いため、当記事の表記もこれに準じています。

ワインディングを疾走するステルヴィオ

ワインディングを疾走するステルヴィオ

ステルヴィオが参入するのは高級SUV市場です。高級SUV市場は1990年代半ば以降、メルセデス・ベンツ MクラスやBMW X5を皮切りに、ポルシェ カイエンの登場で決定的なものとなり、以降市場の熟成が進んできました。ステルヴィオはこの激戦区に最後発モデルとして分け入っていくことになるため、その前途は容易ではないでしょう。

しかし、ステルヴィオはジュリア クアドリフォリオ譲りの510馬力に達する3.0Lのフェラーリ製のV6ツインターボをラインアップに設定、世界最速のSUVを謳い文句に、既存のライバルに対して存在感や優位性を主張しています。またジュリアとプラットフォームを共有する全長4.7m以下のボディも、スポーティーなモデルとしての位置づけを強めています。

ステルヴィオには他にも経済性と動力性能を両立した2.0Lのディーゼルエンジンも設定される見込みです。トランスミッションは6MTと、ZF製の8ATが搭載される予定ですが、グレードやエンジンバリエーションとの正式な組み合わせは、2017年2月現在未発表です。

フェラーリの血を引くV6ツインターボ

フェラーリの血を引くV6ツインターボ

 

ステルヴィオのライバル

ステルヴィオのライバルとしてはBMW X3、メルセデス ベンツ GLC、アウディ Q5、レクサス RX、ポルシェ マカン、ジャガー Fペース、レンジローバー イヴォークなどが挙げられます。特に動力性能ではポルシェ マカン、デザインや成り立ちではジャガー Fペースが強力なライバルとして看做されるかもしれません。

しかしステルヴィオの最高出力510馬力は、例えばマカン・ターボの400馬力を優に凌いでおり、速さの面ではライバル勢を圧倒的に凌いでいます。

迫力のリアデザイン

迫力のリアデザイン

 

ステルヴィオの発売予定

アルファロメオ ステルヴィオの発表は2016年のロサンゼルスショーで行われ、このことからも、北米市場を重要視していること、またアルファ ロメオの北米への再進出の切り札としていることが伺えます。ただし、デリバリーが北米から先行するかは不明です。北米再進出の最初のモデルとなったジュリアはEU市場が先行したため、ステルヴィオも同様のパターンが考えられます。

EU市場の一例として、日本と同じ左側通行右ハンドルのイギリスでは、2017年8月にスペック詳細や価格、発売日を公表、9月からデリバリーが行われると見込まれています。また2017年3月のジュネーブショーをはじめ、市販仕様が今後欧州の各モーターショーでも展示されることが期待されています。

 

ステルヴィオの正規輸入・日本導入可能性について

アルファロメオ ステルヴィオの日本への導入予定について、2017年2月現在は公式な発表はありません。ただし先行するジュリアは日本導入が確定的となっていますが、2016年から欧州でのデリバリーが行われているのに対して、2017年2月時点でも日本仕様の価格やラインアップが発表されていません。仮にステルヴィオが日本に正規輸入されるとしても、実際の発売日は欧州での販売から大幅に遅れる可能性も考えられます。ステルヴィオを真っ先に手に入れたい場合、また確実に好みの仕様を手に入れたい場合、並行輸入も有意義な選択肢のひとつといえるでしょう。

 

ステルヴィオを並行輸入した場合の日本での乗り出し価格は?

アルファ ロメオ ステルヴィオの価格は2017年2月現在、仕向地を問わず未発表です。ただしイタリア仕様で57,300ユーロ程度になるという予想が出ており、この予想に準じた場合、日本での乗り出し価格は諸経費・税金込みで950~1,000万円程度となることが見込まれます。(2017年2月12日時点の為替レート1ユーロ120円にて計算)

アルファ ロメオ ステルヴィオは現地での発注開始時にすぐに発注できるよう、並行輸入の予約を行うことが可能です。またハンドル位置やパワートレイン仕様お気軽にお問い合わせください。

  • 車名
  • 2年保証付き
    国内乗り出し価格目安

  • (税込・諸費用込)

国内乗り出し価格目安は、ご覧の時点での為替レートにて算出しております。 金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスをお願いします。

 

ステルヴィオの現地法人・ディーラーリンク

※本記事は2017年2月13日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

並行輸入・逆輸入・輸入代行に関する無料相談

コアカーズを運営するYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルの欧州車の新車をはじめ、海外市場で流通する高年式中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。もちろんディーゼル、左ハンドル、逆輸入車、ラリーカーやクラシックカーなど、メーカーを問わず幅広くお取り扱いしています。こだわりのモデルやクルマがある方は、まずはご希望をお聞かせください。安心の保証制度と全国規模の整備ネットワークでこだわり輸入車ライフをサポートします


自動車輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ