【並行輸入車】フォード フォーカス ST エステートを徹底解説。イギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フォード フォーカス ST エステート エクステリア

積載性と走りを両立したスポーツワゴンを検討するとき、国産車では選択肢が極端に限られてしまいます。しかし欧州では、メルセデスベンツ Cクラス ワゴン、BMW 3シリーズ ツーリング、アウディ A4 アヴァントなど、プレミアムブランドのラインナップからも推察される通りワゴンは高い人気を誇っています。そのため、ワゴンにパワフルなエンジンを搭載して走行性能をアップしたスポーツワゴンも様々なメーカーから販売されています。今回はその中から、フォード フォーカス ST エステートをご紹介します。

フォード フォーカスは、かつてフォードジャパンによって日本でも正規販売されていました。そのため、5ドア・ハッチバックのフォーカスは街で見かける機会も少なくなかったかと思います。フォーカス STはフォーカスのスポーツバージョンで、日本には正規輸入されませんでした。今回ご紹介するフォーカス ST エステート(Ford Focus ST Estate)は、5ドア・ハッチバックの車体後部が延長されたスポーツワゴンです。フォーカスには最上位のホットバージョンにフォーカス RSが存在しますが、エステートでは最もスポーティなタイプがこの「フォーカス ST エステート」になります。フォードの世界戦略車として非常に評価が高いフォーカス。その積載性と走行性能を高い次元でアップグレードしたフォーカス ST エステートを、イギリス仕様・右ハンドルで並行輸入してみませんか?

フォード フォーカス ST エステートの特徴

1998年の初代フォーカス登場時からエステートはラインナップに加えられていましたが、「ST」の名を冠するフォーカス ST エステートが初めて登場したのは2005年。「フォーカス RS」や「フィエスタ ST」と同じく、フォーカス ST エステートは「チームRS」が開発したスペシャルグレードです。チームRSは、フォードのレース活動において車両のカスタムやチューニングを担当する部門であり、モータースポーツの現場で培われたその技術、実力は折り紙付きです。

新型フォード フォーカス RS MK3を並行輸入いたします。英国発売開始、販売価格、スペック、オプションは?

フォード フォーカス RS Mk3(FORD FOCUS RS MK3)に関する新しい情報が入ってきました。2015年9月15日付で複数の英国メディアから、新型フォーカス RSのパフォーマンスをアピー...

日本では、国産・輸入車問わずスポーツワゴンの選択肢が非常に限られます。ワゴン自体はあっても、性能より使い勝手を優先したモデルが多いのが現状です。今や日本では希少な存在となった運転を楽しめるスポーツワゴン、それがフォーカス ST エステートなのです。

 

エクステリア

多数のST専用装備で差別化

ノーマルとSTの外観の違いは一目瞭然です。専用フロントバンパーはブラックにペイントされたラジエターグリルや大型の開口部を備えており、バンパー下部はリップスポイラー状に空力を意識したものとなっています。

ノーマルでは黒い樹脂素材だったサイドステップは、ボディ同色でひねりが加えられた躍動感のあるものに変更され、リアはセンター2本出しマフラーとダクトを設けた専用リアバンパー、ノーマルより一回り大きなルーフスポイラーがただならぬ雰囲気を醸し出しています。またノーマルは16インチのホイールですが、STはスポーティな5本スポークの18インチアルミホイールを標準装備しています。

そのほか、ルーフレールがノーマルのシルバーからブラックにペイントされたものになり、フロントとリアに赤の「ST」エンブレムが装着されるなどの差別化が施されています。

フォード フォーカス ST エステート エクステリアフォード フォーカス ST エステート エクステリア

 

インテリア

スポーティーさと実用性を両立

室内で真っ先に目が行く違いはシートです。ノーマルのシートもホールド感と座り心地に定評のあるものですが、STはさらにスポーティなレカロ製セミバケットシートを採用しています。STは装備の違いで「ST-1」「ST-2」「ST-3」の3つのグレードに分けられておりST-1は黒とグレーのファブリックシート、ST-2はボディカラーに合わせて4色用意されたハーフレザーシート、ST-3はブラック系のフルレザーシートが採用されています。また、全てのシートの背もたれ上部に「ST」のレッドステッチが入れられています。(2017年3月現在、ラインアップはST-2とST-3に集約されました)

運転中に最も触れる時間が長いステアリングは、ノーマルと異なりDシェイプで、両サイドの握りの部分がパンチングレザーに変更されたもの。そのほか、メーターの視認性向上やダッシュボード上部の3連メーターなど、スポーツマインドをくすぐる工夫が随所に散りばめられています。

ワゴンの実用性に直結する荷室スペースは、リアシートを倒した状態で、5ドアハッチバックの1,176Lに対してエステートは1,502Lを確保。リアシートを起こした状態でも、ハッチバックの277Lに対して476Lと十分な容量があります。

フォード フォーカス ST エステート フロントシート

フォード フォーカス ST エステート フロントシート

フォード フォーカス ST エステート ラゲッジルーム

フォード フォーカス ST エステート ラゲッジルーム

 

パワートレイン

パワフルなガソリンと経済性にも優れたディーゼルを設定

フォード フォーカス ST エステート エンジンルーム

フォード フォーカス ST エステート エンジンルーム

フォード フォーカス ST エステートの大きな魅力であるパワートレインは、至ってシンプルな構成となっており、ガソリンとディーゼルの2種類のエンジンが用意されています。

ガソリンエンジンは2.0LのEcoBoostで、250ps/345Nmのパワー/トルクを誇り、組み合わされるトランスミッションは6速MTのみです。フォードの「EcoBoost」とは燃費などの環境性能とパワーの両立を図った過給システムのことで、いわゆるダウンサイジングターボを指します。このガソリンエンジンの燃費は欧州モードで14.7km/L、最高速は247.8km/h、0-100km/h加速は約6.7秒と、低燃費でありながら高性能スポーツカー並みの動力性能を誇ります。

一方のディーゼルエンジンには、6速MTと6速パワーシフトの2種類のトランスミッションが用意されています。パワーシフトはフォードのデュアルクラッチ・トランスミッションのことで、2ペダルでオートマと同じように運転できます。排気量はガソリンと同じく2.0Lで、185ps/400Nmのパワー/トルクを発揮します。ディーゼルならではの大トルクが特徴で、23.8km/L(欧州モード)という低燃費も魅力です。高速道路のように一定の速度で長い距離を走る場合に、特に優れた燃費性能を発揮します。最高速は217.2km/h、0-100km/h加速は約8.3秒とこちらも俊足です。

ノーマルのフォーカス エステートは、1.0L EcoBoost ガソリンエンジンが100psと125ps、ディーゼルが1.5Lで95psと120psとなっていることから、STがいかにパワフルかお分かりいただけると思います。

 

足回り

ワゴンボディでも妥協しない専用設計

フォード フォーカス ST エステート エクステリア

フォード フォーカス ST エステート エクステリア

フォーカス ST エステートで特に高く評価されているのがそのハンドリングです。ハッチバックに比べて長く重くなっているにも関わらず、その操縦性は犠牲にされていません。

ST専用設計のスポーツサスペンション、専用にセッティングされたトルクベクタリングコントロール、3つのモードが選べるスタビリティコントロール(ESC)が高い次元で調和し、優れた操縦安定性を生み出しています。刻々と変わる路面の状況や速度に合わせて4輪のサスペンションを個々に制御することで、ドライバーの意のままに操ることができるため、安心して運転を楽しむことができます。単に大きなパワーのエンジンを積んだのではなく、チームRSによって徹底的にドライビング・ファンを追及されたのが「ST」なのです。

 

主な装備とオプション

豊富な標準装備に注目

前述の通り、フォード フォーカス ST エステートは装備の違いで「ST-1」「ST-2」「ST-3」の3つのグレードに分けられています。ベースグレードがST-1、最も装備が充実しているのがST-3、その中間となるのがST-2です。エンジンや足回りといった基本性能は3グレードとも共通となります。

装備は充実しており、全グレードでヒーター機能付き電動ドアミラー、プッシュ式エンジンスターター、タイヤ空気圧モニタリングシステム、小物入れ付スライドアームレスト、フロントフロアマットが標準装備されます。エアコンはST-1がマニュアル、ST-2以上がデュアルゾーンオートエアコンです。さらにST-2以上には、フロントガラスの急速デフロスター、LEDデイライト、LEDテールランプ、オートライト、自動防眩バックミラー、雨滴感知式オートワイパー、リアフロアマットを装備。ST-3はこれらの装備に加え、ウォッシャー付バイキセノン・アダプティブヘッドライト、ドアミラーの電動格納機能、リアパーキングセンサー、スピードリミッター付クルーズコントロール、ヒーター付8WAY電動シート、キーフリーシステムなども装備されます。

おすすめのオプションとしては、後部5ヵ所の窓に対応するリアプライバシーガラスや、ドアミラーの死角の危険を検知してくれるブラインドスポットインフォメーションシステムがあります。

 

総評

チームRSの名に恥じない第一級のスポーツワゴン

フォード フォーカス ST エステート エクステリア

フォード フォーカス ST エステート エクステリア

フォーカス ST エステートは「走りを楽しめるスポーツワゴン」です。いざという時に荷物はたくさん積める方が良いし、ファミリーカーとしての使い勝手も犠牲にしたくない。しかしその一方で、ひとたびアクセルを踏み込めば胸のすく加速が得られ、連続するコーナーも思い通りのラインを想像以上の速度で走り抜けることができる。そんな贅沢な願いを1台で叶える車に仕上がっています。

最大1,502Lの荷室容量、ロングドライブも快適にこなす洗練された足回りと正確なハンドリング、トルクベクタリングとESCによって得られる高い操縦安定性、そして経済性とパワーを両立したエンジン。モータースポーツで培われた技術が惜しみなく注入され、欧州で非常に高い評価を受けているスポーツワゴン。それが「フォード フォーカス ST エステート」なのです。

フォード フォーカス ST エステート エクステリア

フォード フォーカス ST エステート エクステリア

 

フォーカス ST エステートのライバルは?

欧州Cセグメントに属するフォーカス ST エステートには、どのようなライバルが存在するのでしょうか。今回は、日本未導入のセアト レオン ST クプラと、シュコダ オクタビア RS エステート、そして日本のスポーツワゴン代表としてスバル レヴォーグ STIの3台を挙げてみたいと思います。

セアト レオン ST クプラ

セアト レオン ST クプラ

セアトはVWグループに属するスペインのメーカーで、レオンはセアトの中核をなす主力のハッチバックモデルです。STはワゴンボディを指し、「クプラ」はセアトの上級スポーツモデルに与えられる名称となります。レオン ST クプラは、300ps/380Nmを発生する2.0Lガソリンターボエンジンを積むスポーツワゴンで、トランスミッションは2ペダルのDSG、駆動方式は2WDと4WDの両方を用意しています。外観ではフルLEDヘッドライトや19インチのアルミホイール、専用エアロパーツ、左右出しマフラーなどでノーマルと差別化されているのが特徴です。VW ゴルフやアウディ A3と共通のMQBプラットフォームを採用した安定感のある走りと、人間工学に基づいて設計された落ち着いた雰囲気のインテリアが好評です。

シュコダ オクタビア RS エステート

シュコダ オクタビア RS エステート

シュコダはチェコの自動車メーカーで、こちらもVWグループに属しています。オクタビアは欧州Cセグメントに属すモデルで、5ドアハッチバックセダン、SUV、エステートと3種のボディタイプが用意されています。vRSという名はシュコダのスポーツグレードに付けられるものです。オクタビア vRS エステートにはガソリンとディーゼルの2種類のエンジンがあり、トランスミッションはそれぞれ、6MTとDSGが用意されています。2.0Lガソリンエンジンは220ps、2.0Lディーゼルエンジンは184psとパワーはやや控えめです。こちらも専用のエアロパーツや18インチアルミホイールでノーマルと差別化されています。やや大柄なボディ(全長4,685mm)と最大1,740Lの荷室スペースを持ち、峠を攻めるような走りを楽しむというよりは、余裕のパワーで高速クルージングを楽しむといった性格のワゴンと言えます。

スバル レヴォーグ(写真は非STI)

スバル レヴォーグ(写真は非STI)

スバル レヴォーグ STIはご存知の方も多いでしょう。一昔前の「STI」と言えば、固い足回りとピーキーなターボエンジンに代表される、速さのために快適さを犠牲にしたモデルというイメージでしたが、レヴォーグ STIは大人の高速クルーザーといった乗り味に変貌を遂げています。専用チューニングのビルシュタインダンパーがその乗り心地に大きく貢献しているのでしょう。1.6Lは170ps/250Nm、2.0Lは300ps/400Nmと過剰とも思えるパワーがあり、世界的にも希少なボクサーエンジン+AWDという組み合わせもあって独自の世界観を構築しています。外観はノーマルと比べて派手さを狙った変更はなく、じっくり見ないと分からないレベルで、前後のSTIバッジが控えめにその高性能ぶりを主張しています。内装に目を向けると、落ち着いたボルドーカラーの本革シートや随所に加えられたステッチなど大人の雰囲気が漂う仕様となっています。

これらのライバルと比べると、フォーカス ST エステートの性格がより際立つように感じられます。他のスポーツワゴンが速さ・快適さ・実用性を高い次元でバランスさせようとしているのに対し、フォーカス ST エステートは「運転する楽しさ」を最優先にしているモデルです。「車を思い通りに操る喜び」と言っても良いかもしれません。そんな車を求めている方に、ぜひおすすめしたい1台がフォーカス ST エステートです。

 

フォーカス ST エステートのベストバイは?

スポーツワゴンとしての走りを最大限味わえる、2リッターガソリンエンジン(250ps/345Nm)と6MTの組み合わせをおすすめします。日本では希少となったMT+ターボの組み合わせですが、低回転から過給が始まり大きなトルクが発生するので非常に運転しやすいのが特徴です。装備の面ではデュアルゾーンオートエアコン、バイキセノンヘッドライト、クルーズコントロール、リアパーキングセンサーなどが標準装備されるST-3にお得感があります。また、2ペダル派の方にはディーゼルエンジン(185ps/400Nm)もおすすめしたいところです。ビッグトルクや燃費の良さはディーゼルならではの魅力といえます。エンジンの種類やグレード、オプションなどでお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

 

フォーカス ST エステートを日本に並行輸入した場合の乗り出し価格は?

フォード フォーカス ST エステートのイギリスでの販売価格は、おすすめグレードのST-3 2.0 EcoBoost 250PSで28,565ポンドです。日本に並行輸入した場合の乗り出し価格は、490-520万円となります(2017年3月7日の為替レート1ポンド139円にて計算)。

またフォーカス ST エステートでは、装備を絞り価格を抑えたST-2や、AT限定免許にも対応可能なディーゼルモデルもご案内可能です。さらに左ハンドル仕様のご要望にも対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

  • 車名
  • 2年保証付き
    国内乗り出し価格目安

  • (税込・諸費用込)

  • (税込・諸費用込)

  • (税込・諸費用込)
  • 車名
  • 2年保証付き
    国内乗り出し価格目安

  • (税込・諸費用込)

  • (税込・諸費用込)

  • (税込・諸費用込)

国内乗り出し価格目安は、ご覧の時点での為替レートにて算出しております。 金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスをお願いします。

 

現地中古車の並行輸入もおすすめ

フォーカス ST エステートが気になるものの、予算に限りがある場合、より安くお求めになりたい場合などは、現地で販売されている中古車をお探しすることも可能です。現地中古車はタイミングが良い場合、超低走行の新車同然の個体を、新車よりも低価格で購入することが可能な場合もあります。モデルイヤーの切り替わり等で新車で買えなくなった仕様を購入することができる、新車オーダーに対して納期が早いというメリットもあります。

フォーカス STの場合、エステートはハッチバックに対して超低走行中古車の流通量が若干少なく、2017年3月現在流通している多くの個体は走行距離10,000km超で、20,000ポンド超のプライスタグを掲げています。ご希望の仕様を探す場合、ハッチバックのSTを含む他のフォーカスのバリエーションに対して、やや時間を要する可能性がありますが、現地中古車をご検討の場合もお気軽にお問い合わせください。またお好みの個体が海外中古車サイトに掲載されている場合、問い合わせの際に添えていただければスムーズです。

【並行輸入車】フォード フォーカス STを徹底解説。日本未導入モデルを右ハンドル、イギリス仕様で並行輸入します。

今回は、フォード フォーカスのスポーティ版であるフォード フォーカス STについてご紹介いたします。フォーカス STは上位のフォーカス RSや、より小型なフィエスタ ST同様にスポーツモデル開発部門の...

 

スペック表

フォード フォーカス ST エステートのカラーやサイズなどのスペックは以下をご確認ください。+ボタンで詳細が表示されます。

フォード フォーカス ST エステート スペック詳細
車名 フォード フォーカス ST エステート
Ford Focus ST Estate
サンプルグレード ST-2 / ST-3
2.0 EcoBoost
250PS
2.0 TDCI
185PS
6 Speed Manual PowerShift
英国販売価格(£) 27,465 – 28,565 27,285 – 28,385 27,905 – 27,765
ハンドル
ドア数 5
乗車定員 5
ボディカラー レースレッド
ステルス
フローズンホワイト(OP)
ムーンダストシルバーM(OP)
ディープインパクトブルーM(OP)
シャドウブラックM(OP)
タンジェリンスクリーム(OP)

※M:メタリックカラー、OP:オプション

全長(mm) 4,560
ホイールベース(mm) 2,648
全幅(mm) 1,823
全高(mm) 1,492
トレッド前/後(mm) 1,555 / 1,545
車両重量(kg) 1,386 1,487 1,505
エンジン搭載位置 フロント横置き
駆動輪
エンジン種類 直列4気筒DOHC
16バルブ
燃料 軽油
吸気 高圧ターボ
燃料噴射 直噴
排気量(cc) 1,999 1,997
内径 x 行径(mm) 87,5 x 83.1 85.0 x 88.0
圧縮比 16.2 16.7
最高出力(kW/rpm) 184 /5,500 136 / 3,500
最大トルク(Nm/rpm) 345 / 2,000 400 / 2,000-2,750
変速機 MT 2ペダルMT
変速機形式 シングルクラッチ デュアルクラッチ
段数 6
最高速度(km/h) 247 217
0-100km/h加速(秒) 6.7 8.3 7.8
燃費(km/L) 14.7 23.8 21.7
燃料タンク容量(L) 55
サスペンション前 マクファーソン・ストラット
サスペンション後 マルチリンク
タイヤ前 235/40 R18
タイヤ後 235/40 R18
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク
最小回転半径(m) 6.0m
特記事項 1kWは約1.34hp(英馬力)、約1.36ps(仏馬力)です
価格は2017年4月改定価格のものを掲載しています

 

車両詳細画像ギャラリー

 

フォーカス ST エステートのカタログダウンロード

  • フォード 英国 カタログダウンロード(Ford UK Brochures and pricelists)
    ※フォーカス ST エステートの情報はフォーカスのカタログ、STレンジのカタログ双方に掲載されています。

フォーカス ST エステートの現地法人・ディーラーリンク

 

おすすめ関連グッズ

2014年に刊行された『福野礼一郎のクルマ論評2014』は、福野礼一郎氏がMotorFan Illustrated誌にて連載している「ニューカー二番搾り」のうち2012年秋から2013年秋まで掲載されたものの総集編で、ル・ボラン誌の連載からの抜粋や、記事への一部加筆も行われたものです。雑誌連載時点から時間が経ち古くなった情報も少なくありませんが、その内容や評価軸は時間が経っても読み応えのあるものです。

フォード フォーカスは日本導入時の5ドアモデルが掲載されており、STのエステートとは構成は異なるものの、昨今のフォードを知る上で参考になるものです。また他にも3シリーズツーリングやアテンザワゴンの試乗記が掲載されており、ステーションワゴン好きにおすすめしたい一冊です。

※本記事は2017年3月7日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

並行輸入・逆輸入・輸入代行に関する無料相談

コアカーズを運営するYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルの欧州車の新車をはじめ、海外市場で流通する高年式中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。もちろんディーゼル、左ハンドル、逆輸入車、ラリーカーやクラシックカーなど、メーカーを問わず幅広くお取り扱いしています。こだわりのモデルやクルマがある方は、まずはご希望をお聞かせください。安心の保証制度と全国規模の整備ネットワークでこだわり輸入車ライフをサポートします


自動車輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ