アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオを解説、正規輸入車や並行輸入の情報も掲載。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ

2015年最大の話題となった、アルファロメオ 新型ジュリア(Alfa Romeo Giulia)。2015年6月、アレーゼのアルファロメオ本社で発表されて2年間が経ち、2017年9月には遂に日本での正式な発売も決定しました。

この記事ではアルファロメオ ジュリアのハイパフォーマンスモデル、ジュリア クアドリフォリオについて解説します。また日本仕様情報はもちろん、日本と同じ右ハンドルのイギリス仕様の詳細、そして日本仕様に飽き足りない方への並行輸入情報も掲載します。

モデル概要

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオは新生ジュリアのトップモデルです。とはいえ発表以来、ジュリアのプロモーションはクアドリフォリオを中心に行われてきました。ですから新生ジュリア=クアドリフォリオという印象を抱いているクルマ好きも少なくないかもしれません。

アルファロメオ ジュリアを解説、正規輸入車や並行輸入の情報も掲載。

アルファロメオ ジュリアは欧州Dセグメントに属するセダンです。1962年から1977年まで生産された名車ジュリアの名前が復活したこと、また同社にとって久々のFRセダンということで注目を集めています。 ...

ジュリア クアドリフォリオは「2016年現在ニュルブルクリンク北コース最速のFRセダン」としてしばしば紹介されています。そのラップタイムは7分32秒。2016年時点で過去のモデルではありますが、グループ内のフェラーリ 458 イタリアの7分38秒を上回る韋駄天です。

しかし単純に速いクルマを求めるならば、もっと速いクルマがあることも確かです。アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオは単に速さだけを求めたFR車ではなく、スポーツセダンとしての魅力に富み、同時にバランスにも優れたモデルです。

アルファロメオ PV ローンチセレモニー/ Alfa Romeo protagonist in Milan PV動画 (約1分36秒)

 

ハイライト

エクステリア

専用ボディパネル・ドアパネルを採用

新生ジュリアのデザインはノーマルモデルでも十分にアグレッシブで、日欧のDセグメントセダンとは雰囲気を大きく異にするものです。しかしジュリア クアドリフォリオはそれに飽き足らず、随所に専用エクステリアが採用されています。

よりアグレッシブになったエクステリア

よりアグレッシブになったエクステリア

リアにはスポイラーとデュフューザーを装備

リアにはスポイラーとデュフューザーを装備

正面から見ればスリットの入ったフロントバンパーとボンネットが目に入ります。フェンダーは拡大されフロントフェンダー後部にはエアダクトが追加され、その空気を流すようにドアパネルはリアドアまで溝がつけられた専用形状に。リアエンドは4本出しのマフラーとトランクリッド上のリアスポイラーが採用されています。一見しただけでもノーマルのジュリアとは異なるエクステリアは無論単なる装飾ではなく、ハイパワーなエンジンや大径ブレーキの冷却、そして超高速域での空力に配慮したものです。

 

インテリア

複数のバリエーションから選択可能

ジュリア クアドリフォリオのインテリアは、ベースのジュリアが持つスポーティーなだけではなくエレガントさも併せ持つデザインを継承しています。

ダッシュボードは革張りが標準となり、赤いステッチとカーボントリムを基本として、黒、緑/白のステッチ、赤や白、黒のトリムも選択可能です。シートは6wayのスポーツコンフォートタイプを標準として、スパルコ製のカーボンバックのセミバケットシート、あるいは8wayの電動スポーツコンフォートシートが選択できます。

ジュリア クアドリフォリオ 黒/赤 内装

ジュリア クアドリフォリオ 黒/赤 内装

リアシートも十分なスペースを確保

リアシートも十分なスペースを確保

また快適なドライブを演出するためにハーマンカードン製の900W、14スピーカーのプレミアムサウンドシステムもオプション設定されています。

 

パワートレイン

フェラーリと共同開発したオールアルミ製エンジン搭載

最高出力510hp、最大トルク600Nmのツインターボエンジンは3.9秒で100km/hまでの加速をこなし、最高速度は307km/hに到達、一世代前のスーパーカーを凌ぐパフォーマンスです。組み合わせられるトランスミッションはZF製の8HP型トルクコンバーター式ATで、ドライバーはTPOを問わず良好なハンドリングに専念することが可能、もちろんステアリングのシフトパドルで意のままのドライビングを楽しむことも出来ます。

3.9秒で100km/hに達する圧倒的な加速力

3.9秒で100km/hに達する圧倒的な加速力

2,891cc V6ツインターボエンジンを搭載

2,891cc V6ツインターボエンジンを搭載

アルファDNAと呼ばれる走行条件に応じて任意に出力特性やサスペンション設定を統括制御するシステムは”Pro”と呼ばれるレースモード搭載のものに進化。アクティブトルクベクタリングも搭載されており、猛烈なパワーを適切に路面に伝えます。

 

サスペンション/足回り

大径ブレーキで強烈なストッピングパワーを確保

ジュリア クアドリフォリオはフロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンクサスペンションを採用しました。また電子制御ダンパーを採用、アルファDNA Proの切り替えに伴う減衰力調整のみならず、路面状況に応じてリアルタイムに減衰力を切り替えるアクティブサスペンションが搭載されています。

アクティブダンパーを標準装備

アクティブダンパーを標準装備

強力な制動力を発揮するブレンボ製ブレーキ

強力な制動力を発揮するブレンボ製ブレーキ

ブレーキのローター径はフロント360mm、リア350mm、キャリパーはフロントに対向6ピストン、リアに対向4ピストンのものが採用されており、いずれもブレンボ製です。巨大なブレーキローターを収めるため、タイヤは前後とも19インチの大径が標準で採用されています。

 

参考スペック

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ


寸 法 ▶︎全長×全幅×全高=4,639×1,873×1,426mm
     ホイールベース:2,820mm トレッド前/後 - x – mm
エンジン▶︎水冷ガソリン 直列4気筒 SOHC フロント縦置 直噴ターボ
     2,891cc 86.5 mm x 82 mm 9.3:1 510hp(375kW)/6,500rpm 600Nm/2,500rpm
駆動方式▶︎FR 8段AT 
懸架装置▶︎前:ダブルウィッシュボーン
    ▶︎後:マルチリンク(4リンク)
ブレーキ▶︎前:ベンチレーテッドディスク 後:ベンチレーテッドディスク
タイヤ ▶︎前:245/35R19 後:285/30R19
燃料容量▶︎58L 車両重量▶︎1,524kg 最高速度▶︎ 307 km/h 0-100km/h加速▶︎3.9秒
燃 費 ▶︎12.1km/L(欧州複合基準)-m/L(JC08モード日本仕様参考値) 
価 格 ▶︎31,575ポンド(イギリス仕様車)

※その他の仕様のスペック詳細はカタログ情報(リンク)をご覧ください

 

ライバルモデル

ジュリア クアドリフォリオのライバルとしてはメルセデス・ベンツ AMG C63、BMW M3の2車種の名前が真っ先に上がるでしょう。同じドイツのプレミアムブランドであるアウディもRS4をラインアップしてきましたが、2012年に登場したB8型をベースとしたRS4のボディ形状はステーションワゴンに絞られており、実際の購入に際して比較検討されるケースは少ないかもしれません。

メルセデス・ベンツ C63 AMG

メルセデス・ベンツ C63 AMG

BMW M3

BMW M3

キャデラック ATS-Vの存在も見逃せません。日本ではドイツ車に対してマイナーな北米生まれのDセグメントのフラッグシップですが、欧州メディアでは注目度の高い1台です。またイギリスのジャガーの動向も見逃せません。2017年にはジャガー XE SV プロジェクト8という600hpのスペシャルモデルの限定販売が決まりましたが、これは300台の限定車。TPOを問わず使えるスポーツセダンとしての本命は、噂されているXE SVRの登場が待たれます。

キャデラック ATS-V セダン

キャデラック ATS-V セダン

ジャガー XE SV Project 8

ジャガー XE SV プロジェクト8

 

バイヤーズガイド

主に公道での使用しか考えていない場合、ジュリア クアドリフォリオの性能のすべてを日本の公道で使いきるのは困難であることが予想されます。またライバルとのスペック上の性能差も多くの場合は誤差範囲に収束するかもしれません。

ですからジュリア クアドリフォリオを購入する場合、その高い性能のことを一旦横に置いて、まずはデザインやブランドヒストリーといったエモーショナルな部分にどの程度魅力を感じられるかは、特にドイツ勢と比較する場合には重要なポイントとなるでしょう。

ジュリアは日本の公道では持て余すほどのパフォーマンスを誇る

ジュリアは日本の公道では持て余すほどのパフォーマンスを誇る

 

ジュリア クアドリフォリオの日本仕様について

ジュリア クアドリフォリオは日本への正規輸入が予定されていますが、2017年9月6日の正式発表まではティザーサイトでの情報公開に留まり、価格や仕様設定などの詳細情報は不明です。

 

並行輸入という選択肢

販売台数が見込めないハイパフォーマンスモデルの正規輸入モデルの場合、本国で選択可能な仕様が一部日本では選択できないケースが存在します。このようなケースでも妥協したくない場合、並行輸入も有力な選択肢のひとつです。

並行輸入車とは?正規輸入車との区別や具体的ケースを解説

「並行輸入車」というキーワードはコアカーズをはじめ、多くの自動車関連メディアでしばしば採り上げられています。しかし、並行輸入車とは何なのか、わかりやすい説明はあまり見かけません。 この記事では、並行...

一例としてコアカーズを運営する並行輸入車販売店のYMワークスではジュリア クアドリフォリオの並行輸入の乗り出し価格を案内しています。YMワークスはジュリア クアドリフォリオの並行輸入実績があります。

  • 車名
  • 2年保証付き
    国内乗り出し価格目安

  • (税込・諸費用込)

国内乗り出し価格目安は、ご覧の時点での為替レートにて算出しております。 金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスをお願いします。

 

車両詳細画像ギャラリー

関連リンク

カタログダウンロードページ

現地法人公式サイト・コンフィギュレーター

※本記事は2017年8月22日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

並行輸入・逆輸入・輸入代行に関する無料相談

コアカーズを運営するYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルの欧州車の新車をはじめ、海外市場で流通する高年式中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。もちろんディーゼル、左ハンドル、逆輸入車、ラリーカーやクラシックカーなど、メーカーを問わず幅広くお取り扱いしています。こだわりのモデルやクルマがある方は、まずはご希望をお聞かせください。安心の保証制度と全国規模の整備ネットワークでこだわり輸入車ライフをサポートします


自動車輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ