2015.11.12

日本未販売のシトロエン C1、右ハンドル車をイギリスより並行輸入いたします。オープンのエアスケープも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シトロエン C1 エアスケープ

ギョロっとした生意気そうな目鼻立ちにキュン!としてしてしまった、そんなあなたのために、YMワークスがこのクルマの並行輸入を始めますよ。

クルマの名前はシトロエン C1。その名前の通り、「C」が付くモデルラインアップの一番小さなコンパクトカー。日本のディーラーでは未発売ですので、初めて見た、という方も多いのでは。

ベーシックカーらしく、5ドア/3ドア、1.0L/1.2L、セミATや5速マニュアル(以下5MT)
など、多彩な仕様が用意されています。しかし、単なるベーシックな実用車ではなく、その個性的なフロントマスクをはじめ、ひろびろオープンで気持ちのいいキャンバストップモデル、ルーフとボディのツートンカラー(オプション)など、小さなボディにフランスらしさがぎっしり!

普段使いのクルマとはいえほかにない個性的な一台に乗りたい。そんなこだわり派のあなたのために、YMワークスでは通勤や買い物などに便利な右ハンドル車(イギリス仕様)を中心に、お好みのエンジンや仕様であなたにお届けします。

 

76万台売れた初代モデルの2代目。シトロエン C1の特徴。

今回並行輸入するシトロエン C1は、PSAプジョーシトロエンとトヨタ自動車との合弁会社の共同開発により誕生したモデルです。C1のほかプジョーは「107(現在は108)」、トヨタは「アイゴ」として発売。初代シトロエン C1の場合、累計で76万台以上を売るヒットとなっています。

YMワークスでは、これまでにもプジョー 107や初代シトロエン C1の並行輸入を手がけてきました。ですからこの2代目C1も、納車からメンテナンスまで安心と信頼のサービスをお届けできます。

2代目は2014年デビュー。プジョー 107は「108」となって、お兄さんモデル同様、“おちょぼ口”のコンサバなデザイン路線にチェンジ。トヨタ アイゴは忍者の覆面を思わせるX型フロントマスクでエキセントリックに。そしてシトロエン C1は、まゆ毛がキリッとした“悪ガキ”ルックのフロントフェイスへ。“三車三様”の個性をさらに追求した、小粒でもピリッとスパイスのきいたモデルへと成長しています。

その中でもC1は、シトロエンらしいエスプリとおしゃれな感性が反映されたモデルとして、ヨーロッパでも人気を集めています。

特に注目なのがキャンバストップの「エアスケープ」モデル。800×760㎜と大きくワイドに開き、お洒落で質感の良いインテリアデザインもあって、のびのび開放的な気分を演出してくれます。

基本的なメカニズムはプジョー 108と共通で、1.0Lモデルのほか、1.2L・ピュアテックエンジンも用意されています。トランスミッションは基本的に5MTですが、1.0LモデルではセミオートマのETGモデルも選ぶことができます。

ETGで街中をスイスイ走るのもよし、郊外や高速道路での走行も多いという方なら、パワーと燃費に優れたピュアテックエンジンがおすすめです。もちろん、どちらのエンジンでも気持ちの良い「エアスケープ」モデルを選ぶことができます。

 

シトロエン C1 ジュネーブモーターショー2014 プレゼン動画(約1分40秒)

 

“まゆ毛”のフェイスと、キャンバストップのエアスケープが特徴的なエクステリア

シトロエン C1 エアスケープ フロントアップ

シトロエン C1 エアスケープ フロントアップ

ギョロッとした目玉とキリッとつり上がったまゆ毛、そして鼻を思わせるダブルシェブロン。それによる“悪ガキ”ルックのフロントフェイスが、シトロエン C1のチャームポイントです。

とはいえこのデザイン、決してウケを狙ったわけではなく、上下2段に分けたヘッドライトのレイアウトは最近のシトロエンのトレンドです。C4ピカソや、先日、YMワークスでも並行輸入を開始したC4カクタスなどを思い出してみてください。ほら、ヘッドライトが2段に分かれているでしょう。C4ピカソやC4カクタスがどちらかというと薄目で大人しいイメージだったのに対して、C1の場合、ギョロ目とまゆ毛でさらに個性的な仕上りに。小さい車ほど、これくらい押し出しが強い方が存在感が出て、しかも可愛くなります。そんなシトロエンの遊び心やエスプリが感じられるデザインだといえます。

全体を見わたすと、コンパクトカーらしいキュッと引き締まったフォルム。ピンと張って力感がみなぎるボディは、エレガントさとスポーティさも感じさせます。よりスポーティなルックスの3ドアを選んで、ムスティケア(MUSKETIER:ページ最後で説明しています)のパーツでドレスアップしても楽しそうです。

また、BMW ミニやフィアット 500、シトロエン DS3などのように、ルーフのみ別カラーとした「BI-TONE」のカラーリングや、エアスケープモデルではキャンバストップのカラー・オプションも設定されています。

 

コンパクトなのにひろびろ、シトロエンらしいおしゃれなインテリア

シトロエン C1 エアスケープ インテリア

シトロエン C1 エアスケープ
インテリア

ボディは小さいのに、乗り込むと余裕たっぷり。そんなフランス車マジックは、シトロエン C1にも受け継がれています。特にフロントシートは大柄な人でもラクにポジションが取れます。とはいえ、ボディサイズはやはり小さいのでパッセンジャーシートとの間隔はミニマムとなりますが、その分、助手席の人との“距離”も縮まって、さらに仲良く和気あいあいとドライブできるでしょう(笑)。

また、くどいようですが、キャンバストップ「エアスケープ」がもたらす開放感は大きな魅力です。考えてみればシトロエンは2CVの時代に始まり、最近ではC3のゼニスウインドウなど、「屋根が開く」「窓が大きい」にこだわってきました。光をたっぷり取り込んだ室内はひろびろと感じて、それだけでも気持ちよくドライブできます。また春秋などの季節の良いときなどは、木々の香りや潮騒など自然の空気を浴びながら走ることも。その楽しさをぜひ、シトロエン C1のエアスケープで体験してみてください。

オプションとして、内装をカラフルに彩る「サンライズレッド」「ホワイト」のインテリアカラー・パック、特別車としてシート地とBピラーをカラフルな同柄で飾った「C1 AIRSCAPE FEEL EDITION」など、さらにおしゃれに自分らしく楽しめる特別仕様もさまざまに用意されています。

このほか、リアシートの背もたれは50:50の分割可倒が可能。最近は剛性確保やコストダウンなどで分割できないクルマも増えていますが、便利さを犠牲にしないところは立派です。

ただし、このコンパクトボディのため乗車定員は4名となります。またリアのウインドウは開かず、外側にスライドする方式となります。普段は1〜2名で乗り、リアシートは小さい子どもやエマージェンシー用、そんな割り切った使い方ができる人には最適でしょう。

 

1リッターと1.2リッターの、3気筒ダウンサイジング・エンジン

シトロエン C1 ピュアテック VTi82 1.2L エンジン

シトロエン C1 ピュアテック VTi82 1.2L エンジン

シトロエン C1に搭載されるエンジンは1.0Lと1.2Lの2種類で、いずれも近年のダウンサイジングのトレンドである直列3気筒エンジンです。

1.0LのVTi68エンジンは、もともとはダイハツの開発。同社は1970年代、量産車で初めて4ストローク直列3気筒エンジンを開発したメーカーで、このエンジンにももちろん、その当時からのノウハウが生きています。低速での粘り強さ、軽快な吹け上がりはセミオートマのETGと組み合わせても楽しく走れます。

また、1.2Lのピュアテック82エンジンは、PSAプジョーシトロエンが新世代のガソリンエンジンとして、4年の歳月をかけて開発した注目作。こちらは5速MTとの組合せになりますが、最大トルクを2750回転で発生させるフラットトルクもあって、メリハリのきいた走りをもたらしてくれます。

 

ワンタンクで900km以上!? 26.3km/L(1.0L/5MT)の低燃費

ベーシックカーとして気になる燃費は、1.0L VTi68 5MTで約26.3km/L、ETGモデルで約23.8km/L。1.2L ピュアテック82 5MTで、約23.3km/L(いずれも欧州複合基準)。この燃費の良さは、エンジンそのものの燃焼効率の良さに加え、フリクションロスの軽減などPSAグループが持つ技術力、さらに最も重いピュアテック82 5MTのモデルでもわずか865kgという軽量に設計されたボディなど、全体のパッケージングのおかげといえます。

ガソリンタンクは35Lですので、最も燃費の良いVTi68 5MTなら900Km以上の航続距離が見込める計算です。通勤などで毎日長い距離を乗るという人はVTi68と5MTの組み合わせという選択も考えてはいかがでしょう。

 

柔らかくしなやかなシトロエンらしい乗り心地の良い駆動系、足回り

シトロエン C1

シトロエン C1

シトロエンといえば、やはり乗り心地ですね。ふんわりとした柔らかいタッチ、段差などをやんわりとかわして乗っている人にショックを余り感じさせない優しさ、路面の凹凸をフラットに乗り越えるしなやかさを、シトロエンの末弟ともいえるこのC1もしっかりと身に付けています。ただし、兄たちのようにホイールベースが長くない(日本の軽自動車なみ)ので、周期の短い凹凸など条件によっては車体が揺さぶられてしまうのはしかたのないところでしょう。それでもライバルたちよりは充分に良い乗り心地です。

 

総評:実用性とおしゃれにこだわるなら、ベストな一台

毎日楽しく運転できる実用車を作らせたら、フランス車の右に出るメーカーはない、と思っています。その中でもシトロエンは個性あふれるデザイン、おしゃれで飽きない内装、素直な操縦性、優しくしなやかな乗り心地といった、ベーシックカーに欠かせないポイントを高い次元でまとめるのが上手なメーカーといえます。特に、クルマが小さくなればなるほど、その良さや他メーカーとの違いが際立ってくるように思います。

今回、C1の並行輸入をご案内したのは、そうしたシトロエンのエッセンスをみなさまにご紹介したいというのもあります。誰も乗っていないクルマに乗りたい、毎日気軽に、だけどおしゃれに乗りたい。そんなあなたにまさにピッタリの一台です。

 

  • シトロエン C1 エアスケープ「FEEL EDITION」 インテリア
    シトロエン C1 エアスケープ「FEEL EDITION」 インテリア

シトロエン C1 Naturally Urban 2014 TV CF動画(約40秒)

 

フォルクスワーゲン up!など、ライバルと評価・評判は?

シトロエン C1のライバルといえば、まっ先に浮かんでくるのがフォルクスワーゲン up!でしょう。サイズは全長3,545mm x 全幅1,650mmと、C1とほぼ同じです。実直で使いやすい作りはシトロエン C1とダブる部分がありますが、おしゃれな感覚を重視で選ぶならC1の圧勝でしょう。

また、フィアットの500、パンダといった人気のコンパクトカーが思い浮かんでいる人も多いかも知れません。500は何といってもあのかわいいデザインと豊富に出揃ったアフターパーツが、パンダは楕円状の四角という特徴的なモチーフをテーマにしたデザインと優れた実用性がそれぞれ人気のマトです。どちらかというとフィアットは元気でハツラツとした乗り心地ですので、しなやかで優しい乗り心地の方が良い、という方はシトロエン C1を選ぶ方がハッピーになれそうです。

このほか、メルセデスベンツ スマート、ルノー トゥインゴもサイズ的にはライバル。ただしこの2車はリアエンジンのニューモデルを共同開発中(発表間近ともいわれています)で、その魅力は未知数です。

このほか、兄弟車ともいえるプジョー 108、トヨタ アイゴも視野に入ってきそうです。大人っぽい落ち着いた雰囲気の108、大胆で斬新なアイゴ、それぞれデザインで好みが分かれそうです。

 

装備、カラー、特別仕様車も。楽しく選べるオプション

基本的なグレードは「Touch」「Feel」「Flair」の3つ。このうちTouchは廉価版としての位置づけが強く、そのため装備や選べるオプションがかなり制限されるため、選択肢としては具体的でないでしょう。ただしヨーロッパのモデルらしく、ABSやEBD、スタビリティコントロール、フロント・カーテンエアバッグなどの安全装備はのグレードも標準装備となっていて、グレードで差をつけたりはしていません。

Feelは中間グレードでエアコンが標準装備、Flairはさらに15インチアルミホイールやリアビューカメラなどが標準となります。

オートエアコンやオートライト、キーレスエントリーがセットになった「オートマチックパック」や、内装をカラフルに演出する「インテリアカラー・パック(サンライズレッド/ホワイト)」や、クロームのドアミラーなどの「クロームパック」といったオプションも用意されています。

2トーンのボディカラーが選べる「BI-TONE オプション」は、ガリウムグレー、ブルーラグーン、カルデラブラック、それぞれのルーフカラーごとに用意されたボディカラーを選ぶことができます。

キャンバストップのエアスケープは、FeelとFlairに設定されています。その際、キャンバストップのファブリックはグレーかサンライズレッドもオプションで選べます(標準はブラック)。

さらに、内外装をモノトーンでシックにまとめた「C1 FLAIR EDITION」や、インテリアの項で取り上げた「C1 AIRSCAPE FEEL EDITION」といった特別仕様車もラインアップされています。ページ末尾にカタログのダウンロード・リンクを用意しておきましたので、ご参考ください。

 

シトロエン C1 Love Your C1ty More 2015 TV CF動画(約30秒)

 

シトロエン C1 のベストバイは、ピュアテック82の5MT

シトロエン C1のイギリスでの価格帯は£8,345〜£12,530となっています。セミオートマのETGが選べるのは、1.0L VTi68エンジンの5ドアのみ、しかもグレードはFeel以上の設定となっています。2ペダルのイージードライブで選ぶなら、このモデルになります。

5MTで積極的にドライビングしたい、という方であれば、1.2Lのピュアテック82エンジンがおすすめです。こちらであれば5ドア、3ドア、使い方や好みで選ぶことができます。また、「C1 FLAIR EDITION」「C1 AIRSCAPE FEEL EDITION」といった特別仕様車にも選択肢が広がります。

シトロエン C1 エアスケープ

シトロエン C1 エアスケープ

 

シトロエン C1 を日本へ並行輸入した場合の乗り出し価格

シトロエン C1 ピュアテック82 マニュアル Flair(現地価格£11,285)をイギリスより並行輸入した場合の日本国内の乗り出し価格は、諸経費込で、300-320万円(2015年8月10日為替レート1ポンド195円にて計算)くらいになりそうです。下に、最新為替連動による日本国内での乗り出し価格目安を表示させていますので、ご参考にしてください。

プジョーシトロエンジャポンでは、正規輸入車として導入されていないので、新型C1に乗るには並行輸入が現在のところ最も適した手段です。

YMワークスは、欧州車の国内正規輸入モデルから日本国内未導入モデルの並行輸入まで豊富な経験があります。特に、PSAプジョーシトロエングループは基幹取扱車種。通常の整備・修理からチューニング・カスタムまで、膨大かつ多岐にわたる実績があります。この記事でシトロエン C1に乗ってみたい、所有してみたい、そんなふうに思ったあなた、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

国内乗り出し価格の目安:(税金・諸費用込)

※表示金額はご覧になっている時点での為替レートにて算出しております。
※輸入国からの輸送料、各種税金、検査費用、登録諸費、納車費用(大阪近郊)は全て含まれています。
※正式なお見積り、遠方への納車費用など、改めてご提示いたしますのでお問い合わせください。

 

ムスケティア/MUSKETIERによる、カスタムやチューニングもお任せ!

YMワークスが日本総代理店である、世界最大級のプジョー・シトロエンチューナー、ムスケティア(MUSKETIER)では、シトロエン C1のカスタムをラインアップ、コンプリートカーを公開しています。あの“悪ガキ”フェイスを、ムスティケアでさらに個性的にドレスアップしてみてはいかがでしょう。

通常のメンテナンスサポートに加え、C1のようなレアな輸入車のカスタム・チューニング対応もYMワークスならではのサービス。このようなカスタマイズのご相談もお気軽にお寄せください。

  • シトロエン C1 ムスケティア仕様(3ドア)
    シトロエン C1 ムスケティア仕様(3ドア)

 

スペック表

車名 シトロエン C1 / CITROEN C1
サンプルモデル VTi 68 ETG 5ドア ノーマルルーフ/エアスケープ
英国販売価格 ノーマルルーフ £11,435(Flair) / エアスケープ£12,680(Flair)
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー スカーレットレッド(標準色)
リピッツァナーホワイト(OP)
ブルーラグーン(OP)
サンシャインレッド(OP)
カーリングレー(OP/MTL)
ガリウムグレイ(OP/MTL)
スマルトブルー(OP/MTL)
カルデラブラック(OP/MTL)
※OP:有料オプション
※MTL:メタリック塗装
全長x全幅x全高 3465 × 1615 × 1460 mm
ホイールベース 2340 mm
トレッド(前/後) 1425mm/1420mm
車両重量(乾燥) 860kg(ノーマルルーフ)
乗車定員 4名
トランスミッション 5速 ETG
エンジンタイプ 水冷直列3気筒DOHC 12V
総排気量/内径x行程 998cc/71.0×84.0mm
圧縮比 11.5
最高出力 69ps/6000rpm
最大トルク 9.8kg-m/4800rpm
燃料タンク容量 35L
燃費 約23.8km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイヤ/ホイール 165/65 R14
最高速度 157km/h(98mph)
0-100km/h加速 15.9秒
特記事項 ※このエンジン/ミッションの組み合わせFlairグレードのみ、廉価版のFeelグレードはイギリス・右ハンドル仕様は用意されていません。また、一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。
車名 シトロエン C1 / CITROEN C1
サンプルモデル ピュアテック 82 5MT 5ドア ノーマルルーフ/エアスケープ
英国販売価格 ノーマルルーフ £10,595 (Feel) / £11,285 (Flair)
エアスケープ £11,840 (Feel) / £12,530(Flair)
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー スカーレットレッド(標準色)
リピッツァナーホワイト(OP)
ブルーラグーン(OP)
サンシャインレッド(OP)
カーリングレー(OP/MTL)
ガリウムグレイ(OP/MTL)
スマルトブルー(OP/MTL)
カルデラブラック(OP/MTL)
※OP:有料オプション
※MTL:メタリック塗装
全長x全幅x全高 3465 × 1615 × 11460 mm
ホイールベース 2340 mm
トレッド(前/後) 1425mm/1420mm
車両重量(乾燥) 865kg(ノーマルルーフ)
乗車定員 4名
トランスミッション 5速マニュアル
エンジンタイプ 水冷直列3気筒DOHC 12V
総排気量/内径x行程 1199cc/75.0×90.5mm
圧縮比 11.0
最高出力 82ps/5750rpm
最大トルク 12.0kg-m/2750rpm
燃料タンク容量 35L
燃費 約23.3km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイヤ/ホイール 165/60 R15
最高速度 170km/h(106mph)
0-100km/h加速 10.9秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。

 

車両詳細画像ギャラリー

  • シトロエン C1 エアスケープ
    シトロエン C1 エアスケープ

 

シトロエン C1 をもっと知りたい方はこちら

オフィシャルサイト(CITROEN UK)

コンフィグレーター 5door(CITROEN UK)
コンフィグレーター 3door(CITROEN UK)

カタログダウンロード:C1(CITROEN UK、英語版)
カタログダウンロード:FLAIR EDITION 3door(CITROEN UK、英語版)
カタログダウンロード:AIRSCAPE FEEL EDITION 5door(CITROEN UK、英語版)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

並行輸入の新車・中古車に関する無料相談

コアカーズを運営する大阪のYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルや欧州仕様車、限定モデルの新車をはじめ、海外市場で流通する中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。気になるモデルやクルマがある方は、メーカー問わず、お気軽にご相談ください。もちろん、正規輸入車も幅広くお取り扱いしています。


並行輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう