【並行輸入車】セアト トレドを徹底解説。イギリス仕様右ハンドルを並行輸入します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セアト トレド

セアト トレド(SEAT TOLEDO)はスペイン最大の自動車メーカー、セアトが販売する5ドアハッチバックのモデルです。

スペイン北東部、フランスとの国境近くに本拠を持つセアトですが、日本への正規輸入はされておらず、日本で見かける機会はほとんどありません。

1993年にフォルクスワーゲン・グループの傘下に入ったセアトは、グループ内のアウディ、セアト、ランボルギーニの3社から構成される「アウディ・ブランド」に属しています。クラシカルな高級路線を標榜するフォルクスワーゲン・ブランドに対して、セアトはハイテクさとスポーティさを強調するブランドとなっています。

セアトが現在販売するラインナップは、大きく分けると「ミー(Mii)」「イビサ(IBIZA)」「トレド(TOLEDO)」「レオン(LEON)」「アテカ(ATECA)」「アルハンブラ(ALHAMBRA)」の6つですが、このトレド(TOLEDO)が唯一、ハッチバックながらセダンのようなフォルムの、ノッチバックを採用しています。そんなセアト  トレドがいったいどんな車なのか、今回はその魅力について徹底解説します。使い勝手の良いセアト トレドを、イギリス仕様右ハンドルで並行輸入してみませんか?

セアト トレドの特徴

セアト トレド

セアト トレド

2011年に販売開始された現行のトレドは4代目に当たります。この4代目トレドはノッチバックの5ドアボディが与えられています。4,482mmの全長は、欧州Cセグメントに分類される大きさです。

セアト トレドの特徴をひと言で表すならば、「コストパフォーマンスに優れたファミリーカー」でしょう。5ドアハッチバックならではの広い荷室と積載性、広々とした後部座席、実用性に優れたエンジン、そして手ごろな価格、このようにトータルでバランスの取れた車であり、そこがヨーロッパの人々から高く評価されています。

グレードは、価格の低い方から「SE」「Style」「Style Advanced」の3つに分けられており、装備と選べるエンジンが異なります。

セアト トレド CM動画(約1分)

 

セアトらしさが溢れる力強いエクステリア

セアト トレド

セアト トレド

セアトの特徴である、猛禽類の目のような鋭さを持つヘッドライトが印象的なフロントフェイス。フロントバンパー中央には大きな開口部が設けられ、スポーティさと、軽快さを感じさせます。開口部の左右にコーナリングライト機能付きのフォグランプが装備されるのは「Style」以上で、「SE」ではパッケージオプションとなります。

「Style」は16インチ、「Style Advanced」は17インチのアルミホイールが標準装備、「SE」は15インチのスチールホイールです。

セアト トレド

セアト トレド

前後のオーバーハングが短いため、視覚的にキャビンが広く感じられます。リアのプライバシーガラスは「Style」以上で標準装備です。ウインカー付ドアミラーは全車に装備されています。

リアビューは台形のキャラクターラインが印象的。LEDテールランプは「Style Advanced」のみ標準装備となります。最近のトレンドである、LEDヘッドライト&LEDデイライトをオプションで選べるのも「Style」以上となっています。

 

理路整然とまとめられた実用的なインテリア

セアト トレド インテリア

セアト トレド インテリア

トレドのインテリアはシンプルで実用的。スイッチ類のレイアウトは整然とまとめられており、初めて乗車しても戸惑うことはありません。このクラスとしては非常に快適な居住性を持っています。エアコンやパワーウインドウと言った基本的な快適装備は全車に標準装備されています。

運転席・助手席ともに高さ調節が可能。チルト&テレスコピックのステアリングと合わせ、ベストなドライビングポジションを取ることができます。もっとも長い時間手が触れるステアリングは本革巻きで、これはシフトノブも同様です。また「Style Advanced」のみ、アルカンターラとレザーのコンビシートが奢られます。

セアト トレド リアシート

セアト トレド リアシート

リアシートの居住性もクラストップレベルです。十分なレッグスペースとヘッドクリアランスが確保されているので、大人4名乗車でもゆったりとドライブできます。

荷室スペースは550リットルもあり、高さのある荷物以外は何でも積み込めそうです。リアシートは60:40の分割可倒式を全車に採用しており、長尺物を積みたい時などに重宝します。

セアト トレド CM動画(約1分)

 

経済性に優れた3種類のコンパクトなエンジン

セアト トレドに用意されているエンジンは、ガソリン1種類・ディーゼル2種類の合計3種類です。

セアト トレド エンジンルーム

セアト トレド エンジンルーム

  • 1.2 TSI(6MT) 直列4気筒直噴ガソリンターボ:最高出力 110ps/4,600rpm 最大トルク 175Nm/1,400rpm 燃費 20.4km/L
  • 1.4 TDI(5MT) 直列3気筒ディーゼルターボ:最高出力 90ps/3,500rpm 最大トルク 230Nm/1,750rpm 燃費 29.4km/L
  • 1.6 TDI(5MT) 直列4気筒ディーゼルターボ:最高出力 115ps/3,500rpm 最大トルク 250Nm/1,500rpm 燃費 25.6km/L

※燃費は欧州複合基準

「SE」にのみ搭載される 1.4 TDIには、7速DSG(2ペダルのデュアルクラッチトランスミッション)が用意されています。5MTとの違いは燃費で、DSGは25.6km/Lと、カタログ上では僅かに低下します。

ボディサイズはCセグメントですが、エンジン排気量はコンパクトです。スポーツカーのようにパワーを追及するタイプの車ではなく、日常の使い勝手や経済性を第一に考えられたエンジンラインナップといえるでしょう。

 

落ち着きと安心感に満ちた乗り心地・ハンドリング

セアト トレド

セアト トレド

4代目トレドには、New A05+と呼ばれるプラットフォームが採用されています。これは5代目となるフォルクスワーゲン ポロ(6R)やアウディ A1に使われているA05プラットフォームをベースにリニューアルを行い、クラス上のCセグメント対応としたものです。

最新のモジュール方式の軽量プラットフォームであるMQBは採用されていませんが、熟成の進んだA05+の乗り味は全体的に落ち着いたものとなっています。ステアリングは適度な重さがあり、軽いフロント荷重のおかげできびきびとした動きを見せます。

フロントはマクファーソンストラット、リアはトーションビームとなる足回りは、少し固さはあるものの、整備された日本の舗装路ではその固さがかえって快適さを生むでしょう。ファミリーカーとして十分快適な乗り心地と、安心感が伝わってくるハンドリングを併せ持っています。

 

コストパフォーマンスに優れた良質なファミリーカー

ヨーロッパの人々がセアト トレドを高く評価しているのは、やはりコストパフォーマンスに優れているからでしょう。内外装の質感や乗り心地、使い勝手など多くの点で価格を上回る満足感を得ることができることが高い評価に直結しています。またノッチバックというスタイルは、ハッチバックの使い勝手の良さとセダンのようなフォーマルさも併せ持っています。

より満足できる車をリーズナブルな価格で手に入れたい、そんなヨーロッパの人々が手放しで称賛している車です。日本でも、人とは違った実用的なファミリーカーに乗りたい方にはうってつけではないでしょうか。

セアト トレド

セアト トレド

 

セアト トレドのライバルは?

シュコダ ラピッド

シュコダ ラピッド

車格に対して戦略的な価格を設定しているセアト トレドには、直接的なライバルと言える車があまりありません。全長4.5m以内のノッチバックボディを持つモデルは、以前はシトロエン クサラがあり、またルノー メガーヌの初代も同じ雰囲気を持つモデルでしたが、後継車では一般的なハッチバックとなってしまいました。

あえて挙げるとすれば、同じVWグループのシュコダから販売されている「ラピッド ハッチバック」でしょうか。トレドと同じノッチバックスタイルの5ドアハッチバックで、価格帯も似ています。それもそのはず、この2台は兄弟車と言える車だからです。ラピッドには「スペースバック」というVWゴルフのリアを少し伸ばしたような派生グレードも用意されています。

このほか、ボディの形状はエステート(ステーションワゴンタイプ)になりますが、現代自動車の「i30 ツアラー エステート」やセアトの「イビサST エステート」などもライバルとして挙げられます。

 

セアト トレドの装備とオプション

これまで触れていない装備やオプションについてここでまとめます。

エアコンについては、「SE」のマニュアルに対して、「Style」「Style Advanced」では、左右独立して空調を管理できるクライメートコントロール(オートエアコン)がついています。センターコンソールには12Vの電源ソケットが全車標準装備で、「Style」「Style Advanced」は荷室にも装備されています。

ボイスコントロール付のBluetoothスマートフォン接続機能および、USBとAUX-inのポートがついたCDプレイヤー & AM/FMラジオも標準で装備です。「SE」では5インチの白黒ディスプレイですが、「Style」「Style Advanced」は6.5インチのタッチスクリーン・カラーディスプレイとなっています。スピーカーは「SE」は4つ、「Style」「Style Advanced」は6つです。

安全装備です。ABS・ESC(エレクトリックスタビリティコントロール)・EBA(エマージェンシーブレーキアシスト)、前席エアバッグ、フロントサイドエアバッグなどが全車標準装備です。リアのパーキングセンサーは全車、フロントは「Style Advanced」のみが標準装備です。

クルーズコントロールとコーナリングライト機能付きのフロントフォグランプは「Style」「Style Advanced」に標準、「SE」ではオプションです。リアビューカメラやフルLEDヘッドライトは「Style」「Style Advanced」にオプションで用意されています。

 

セアト トレドのおすすめグレードは「1.2 TSI Style Advanced」

トレドのおすすめのエンジンは1.2 TSI、ガソリンターボ。注目すべきはピークトルクの発生回転数で、わずか1,400回転で最大トルクを発揮します。小さなエンジンは車重の軽さにも貢献しますし、高回転まで回す必要がないので必然的に燃費が良くなります。マニュアルトランスミッションでも運転のしやすさは抜群です。

「Style」と「Style Advanced」は、同じ1.2 TSIで比較すると750ポンド(日本円で約10万円)の価格差がありますが、アルカンターラのコンビレザーシート、17インチアルミホイール、LEDテールライト、フロントパーキングセンサー、キーレスゴーなどがこの価格で手に入るため、価格差以上の価値があります。トレドのおすすめグレードは「Style Advanced」です。

2ペダルの7DSGが必要だったり、低燃費や航続距離を重視したい場合は、ディーゼルエンジンの1.4 TDIという選択肢もあります。ただし7DSGは、SEグレードでしか選べない点が惜しまれます。

セアト トレド プロモーションビデオ(約2分)

 

セアト トレドの日本での乗り出し価格は?

セアト トレドのイギリスでの販売価格は、おすすめグレードのStyle Advancedに1.2 TSIの組み合わせで£17,995です。イギリスより並行輸入した場合の日本国内の乗り出し価格は、諸経費込で、310-350万円(2016年9月2日為替レート1ポンド137円にて計算)くらいになりそうです。下に、最新為替連動による日本国内での乗り出し価格の目安を表示させていますので、ご参考にしてください。

セアト トレドは正規輸入車されておらず、今後の導入可能性も低いモデルです。日本で乗る場合、並行輸入が最も現実的な方法です。ディーゼル仕様や左ハンドルの並行輸入も可能ですので、ご相談ください。

 

国内乗り出し価格の目安:(税金・諸費用込)

※表示金額はご覧になっている時点での為替レートにて算出しております。
※輸入国からの輸送料、各種税金、検査費用、登録諸費、納車費用(大阪近郊)は全て含まれています。
※正式なお見積り、遠方への納車費用など、改めてご提示いたしますのでお問い合わせください。

金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

 

スペック表

セアト トレド Style Advanced 1.2 TSIのサイズやカラーなどスペックは以下をご確認ください。+ボタンで詳細が表示されます。

セアト トレド 1.2 TSI Style Advanced £17,995
車名 セアト トレド / SEAT TOLEDO
エンジン、サンプルグレード スタイル アドバンスド / Style Advanced 1.2 TSI
英国販売価格 £17,995
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー メディテレニアン・ブルー(標準色/SOL)
ビラ・ホワイト(OP/SOL)
パッション・レッド(OP/SOL)
チェリー・レッド(OP/MTL)
カプチーノ・ベージュ(OP/MTL)
デニム・ブルー(OP/MTL)
オーシャン・ブルー(OP/MTL)
ブラック・マジック(OP/MTL)
ロジウム・グレー(OP/MT)
リフレックス・シルバー(OP/MTL)
ネバダ・ホワイト(OP/MTL)
※OP:有料オプション
※SOL:ソリッド塗装
※MTL:メタリック塗装
※PL:パールエフェクト塗装
全長x全幅x全高 4,482 x 1,706 x 1,461 mm
ホイールベース 2,602 mm
トレッド(前/後) 1,463 mm / 1,500 mm
車両重量 1,185kg(参考値)
乗車定員 5名
トランスミッション 6速マニュアル(DSG)
エンジンタイプ 直列4気筒直噴ターボ(ガソリン)
総排気量/内径x行程 1,197cc / 71.0 x 75.6 mm
圧縮比 10.5(参考値)
最高出力 110ps / 4,600rpm
最大トルク 175Nm / 1,400rpm
燃料タンク容量 55L
燃費 約20.4km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ディスク / ディスク
タイヤ/ホイール 215/40R17 /17インチアルミホイール
最高速度 約199km/h
0-100km/h加速 9.9秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。

 

車両詳細画像ギャラリー

セアト トレドをもっと知りたい方はこちら

セアト 英国 トレドのオフィシャルサイト(SEAT UK TOLEDO)
セアト 英国 トレドのコンフィグレーター(SEAT UK TOLEDO)
セアト 英国 トレドのカタログダウンロード(SEAT UK TOLEDO)

並行輸入の新車・中古車に関する無料相談

コアカーズを運営する大阪のYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルや欧州仕様車、限定モデルの新車をはじめ、海外市場で流通する中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。気になるモデルやクルマがある方は、メーカー問わず、お気軽にご相談ください。もちろん、正規輸入車も幅広くお取り扱いしています。


並行輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ