【並行輸入車】シトロエン C4を徹底解説。日本未導入のディーゼル・MTモデルなど右ハンドルで並行輸入します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シトロエンC4(フロント)

シトロエン C4(CITOROEN C4)は、シトロエンが販売するCセグメントのハッチバックモデルです。

Cセグメントは欧州で人気のクラスで、ハッチバックモデルを中心に各メーカーが力を入れて開発したモデルが凌ぎを削っています。

日本に正規輸入されているC4はガソリン・ディーゼルエンジンともにATを組み合わせたモデルのみですが、欧州ではMTもラインナップされており、根強い人気があります。日本仕様とはひと味違うイギリス仕様のシトロエン C4を、並行輸入して乗ってみませんか?

シトロエン C4の特徴

シトロエンC4(フロント)

シトロエンC4(フロント)

初代C4は、1990年代から販売されていたクサラの後継モデルとして2004年に発表されました。同時期のフラッグシップモデル C6にも通じる、シトロエンらしい曲線を多用したデザインは、旧来からのファンにも歓迎され、日本にも正規輸入されました。

2代目モデルは 2010年のパリサロンで発表されました。デビューから6年が経過していますが、各部アップデートがされ商品力を維持しています。

現在販売されているモデルは 2015年に大きなマイナーチェンジを受けたモデルです。このマイナーチェンジはエンジンや内外装の変更を伴う大規模なものでした。

C4の兄弟車には、クーペSUVスタイルのプレミアムモデルDSオートモビル DS4、MPVモデルのC4ピカソ/グランドC4ピカソ、SUVモデルのC4カクタスがあります。現在日本にはC4カクタスを除くすべてのモデルが正規輸入されています。

正規輸入される日本仕様は、ガソリンエンジンでは、グレードは”セダクション”と、”セダクション アップグレードパッケージ”、ディーゼルエンジンでは”フィール”が設定されており、いずれも6ATのみの設定となっています。

イギリス仕様の場合は、ガソリン、ディーゼル両方に6MTの設定もあります。グレードは、ベーシックグレードの”タッチ(Touch)”、中間グレードの”フィール(Feel)”、上級グレードの”フレアー(Flair)”の3つが設定されています。

シトロエン C4 CM動画(フランス語版)(約30秒)

 

落ち着いた中にもシトロエンらしさのあるエクステリア

シトロエンC4(リア)

シトロエンC4(リア)

C4のボディタイプは5ドアハッチバックです。初代モデルに設定されていた3ドアのクーペモデルは設定されていません。

独特なデザインの初代モデルと異なり、コンサバティブで落ち着いたデザインが採用されています。デザイン自体は C3などとの共通性を感じさせるもので、シトロエンらしいテイストが感じられます。

現在C4には、兄弟車にプレミアムモデルのDSオートモビル DS4があります。こちらは シトロエンのアバンギャルド(前衛的)な部分を担っており、棲み分けがされています。

エクステリアでは、最近のシトロエンに共通したシャープなヘッドライトが印象的です。さらに、マイナーチェンジでLEDランプが組み込まれて、洗練度を上げています。

 

”アバンギャルド”より”フレンドリー”なインテリア

フレンドリーなシトロエンC4のインテリア

フレンドリーなシトロエンC4のインテリア

インテリアについてもエクステリアと同様です。初代モデルには”回らないハンドル中央のパッド”や、インパネ上部に構えた”自然光を透過するデジタルメーター”など、一風変わったものが採用されていましたが、現行C4は常識的な作りです。

自然な位置にある、アナログとデジタルを融合した視認性の良いメーターパネルや、エアコンの大きなダイヤルスイッチなど、アバンギャルドよりもフレンドリーなインテリアと言えるでしょう。また、樹脂素材の質感も良く、素っ気ないイメージはありません。

インテリアのトリムはグレードごとにそれぞれ異なり、”Ponty”、”Rayados”、”Liberal”と呼ばれるクロス地が設定されています。

シートは厚みがたっぷりあり、体の重みをしっかりと受け止めてくれます。シートの良さはフランス車の美点のひとつですが、C4も例外ではないようです。

 

エンジンは低燃費なガソリン/ディーゼルが選べます

燃費の良い、1.6L直列4気筒BlueHDiエンジン

燃費の良い、1.6L直列4気筒BlueHDiエンジン

エンジンは、ガソリン、ディーゼルのどちらも選べます。

ガソリンはダウンサイジングターボの1.2L直列3気筒PureTec、ディーゼルはクリーンディーゼルの1.6L直列4気筒BlueHDiですが、チューンの違いで複数バリエーションが存在します。

ガソリンモデルは以下の2種類が設定されています。

  • PureTech 110(110PS)
  • PureTech 130S&S(130PS、アイドリングストップ付き)

ディーゼルモデルは以下の3種類が設定されています。

  • BlueHDi 100(100PS)
  • BlueHDi 120S&S(120PS、アイドリングストップ付き)
  • BlueHDi 150S&S(150PS、アイドリングストップ付き)

正規輸入される日本仕様は、ガソリンはPureTech 130S&Sに、ディーゼルはBlueHDi 120S&Sに近い仕様と言えるでしょう。

これらどのエンジンも、低燃費であることが自慢です。ガソリンモデルはPureTech 110 manualで欧州複合で 21.2km/L、ディーゼルのBlueHDi100S&S manualなら 30.3km/Lというエコカー並みの低燃費を実現しています。

C4のガソリンタンクは60Lと余裕があるため、ディーゼルならワンタンクで1500キロを大きく越える脅威の航続距離となり、足の長さも利点のひとつとなります。

トランスミッションは日本仕様は6ATのみですが、イギリス仕様ではグレードにより5MT、6MT、6ATが選べます。

6ATは、AMTに代わって設定された、ETGと呼ばれるアイシン製のオートマチックです。トルクの大きいディーゼルエンジンとの相性も良く、変速の滑らかさが評判です。

 

しなやかな乗り心地とバランスの良いハンドリング

足回りはフロントにマクファーソンストラット、リアはトーションビームを採用しています。同じフランス車でも、高速性能に優れたルノーや、”猫足”と表現されるプジョーとはまた違う、懐の深いサスペンションに定評があります。多くのファンを魅了するシトロエン車ならではの、長いストロークがもたらすソフトでしなやかな乗り心地は、この C4でも健在です。

ハンドリングのバランスの良さについても、欧州、日本の両メディアで高い評価を得ています。また、C4のパワーステアリングは、近年一般的な電動式ではなく電動油圧式が採用されており、この点も自然なフィーリングに寄与していると言えるでしょう。

兄弟車である2代目プジョー308が軽量化を目的とした新設計でデビューした現在、C4はアナログ的な魅力を持った最後のシトロエンになるかもしれません。

 

総評:シトロエンをまだ知らないユーザーにこそ選んでもらいたい一台

シトロエンを知らない方こそ選んでいただきたい一台です

シトロエンを知らない方こそ選んでいただきたい一台です

C4は前述の通り、シトロエンのなかではコンサバティブなモデルです。

シトロエンには、未来的なデザインや革新的なハイドロニューマチックサスペンションを採用した、DSやCX、BXやXMなど往年の名車があり、今でもアバンギャルドなイメージを持つ方が多いのは確かです。しかし C4のご先祖となるクサラやZXはハイドロを用いず、デザインもコンサバティブで、このC4の立ち位置が決して異端なわけではありません。

しなやかで懐深い乗り心地や自然なハンドリング、高い経済性など、極めて真面目に作られた仕立ての良い5ドアフレンチハッチバックなのです。

国産車、輸入車問わず選択肢の多いジャンルですが、C4は今までシトロエンを知らなかった方にこそ選んでもらいたい一台です。

  • シトロエンC4(フロント)
    シトロエンC4(フロント)

 

激戦区なCセグメントのなかで C4のライバルは?

C4の属する欧州Cセグメントは、不動の人気を誇るフォルクスワーゲン ゴルフを筆頭に、走りの良さで評判のフォード フォーカス、同じPSAグループの プジョー308など、ライバルの多い激戦区です。

ゴルフはこのクラスの覇者だけあって、つくりの良さはもちろん、走りや乗り心地、経済性能においてもハイレベルな実力を有しており、長年支持されるのも頷けます。

フォーカスは、シャープなハンドリングやオリジナリティ溢れるデザインなど、ゴルフとは違ったアプローチで人気を得ています。リーズナブルな価格も魅力のひとつです。

もっとも新しい308は、軽量化を重視した最新のプラットフォームの採用により、優れた燃費性能と軽快感ある走りを実現しています。

これらのライバルと比べてコンベンショナルな設計のC4は、一見突出したものはないように見えますが、乗り心地、ハンドリング、静粛性をそれぞれ高バランスで融合させており、ライバルに引けを取りません。

 

C4のオプションとパックオプション

頭上の開放感を演出するパノラミックサンルーフや、16インチ/17インチのアルミホイールなどがオプションとして選択可能です。

パックオプションでは、スマートキー、ブラインドスポットモニタリング、フロントパーキングセンサーなどがセットになったプラスパック・コンビニエンスや、左右独立温度調整機能のあるデュアルゾーンオートエアコンや、オートライトなどがセットになったオートパックなどが設定されています。

 

おすすめはFeel BlueHDi 100 S&S 5MT、右ハンドルモデル

C4を並行輸入で選ぶなら、ベーシックな100馬力仕様のディーゼルエンジンに5MTの組み合わせをおすすめします。このモデルは燃費の良さによる航続距離の長さと、必要にして十分なパワー、そして5MTによるのどかな運転感覚で、古き好きシトロエンの息吹を今に伝える構成です。

ほかにもハイパワーな150PSモデル、ガソリンエンジンのMTモデルも選択できます。ゴルフやフォーカスとは異なる魅力をもった「ひと味違うCセグメント」。シトロエンが作る実用車を味わってみてはいかがでしょうか。

シトロエンC4

シトロエンC4

 

シトロエン C4 プロモーション動画(約1分30秒) 

 

シトロエン C4の日本国内での乗り出し価格は?

シトロエン C4のイギリスでの販売価格は、装備のバランスが取れたスタンダードなモデル、BlueHDi 100 S&S 5MTで17,070ポンドです。イギリスより並行輸入した場合の日本国内の乗り出し価格は、諸経費込で、330-350万円(2016年7月12日為替レート1ポンド135円にて計算)くらいになりそうです。下に、最新為替連動による日本国内での乗り出し価格の目安を表示させていますので、ご参考にしてください。

シトロエン C4のMTモデルは正規輸入車として導入されていないので、入手するには並行輸入が現実的な方法です。また正規輸入仕様の販売や、カスタムなども承ります。お気軽にご相談ください。

 

国内乗り出し価格の目安:(税金・諸費用込)

※表示金額はご覧になっている時点での為替レートにて算出しております。
※輸入国からの輸送料、各種税金、検査費用、登録諸費、納車費用(大阪近郊)は全て含まれています。
※正式なお見積り、遠方への納車費用など、改めてご提示いたしますのでお問い合わせください。

金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

 

スペック表

シトロエン C4のサイズやカラーなどのスペックは以下をご確認ください。+ボタンで詳細が表示されます。

シトロエン C4 BlueHDi 120 S&S EAT6 auto Flair £19,880
車名 シトロエン C4 / CITROEN C4 BlueHDi 120 S&S EAT6 auto
サンプルグレード Flair / 6AT
英国販売価格 £19,880
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー ポラールホワイト(標準色)
キュムラスグレー(OP/MTL)
プラチナムグレー(OP/MTL)
スピリットグレー(OP/MTL)
ペルラネラブラック(OP/MTL)
ルビーレッド(OP/MTL)
インクブルー(OP/MTL)
パールホワイト(OP/P)
※OP:有料オプション
※MTL:メタリック塗装
※P:パール塗装
全長x全幅x全高 4,329× 1,789 × 1,502 mm
ホイールベース 2,608 mm
トレッド(前/後) 1,536mm / 1,529mm
車両重量(乾燥) 1,485kg
乗車定員 5名
トランスミッション 6AT
エンジンタイプ 水冷直列4気筒DOHC 16V 直噴インタークーラー付きディーゼルターボ
総排気量/内径x行程 1,560cc/75.0mm×88.3mm
圧縮比 16.0:1
最高出力 88kW(120PS)/3500rpm
最大トルク 300Nm(30.5kg-m)/1750rpm
燃料タンク容量 60L
燃費 約26.3km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ/ホイール 16インチホイール
最高速度 195.2km/h
0-100km/h加速 11.1秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。
シトロエン C4 BlueHDi 100 S&S manual Feel £17,070
車名 シトロエン C4 / CITROEN C4 BlueHDi 100 S&S manual
サンプルグレード Feel / 5MT
欧州販売価格 £17,070
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー ポラールホワイト(標準色)
キュムラスグレー(OP/MTL)
プラチナムグレー(OP/MTL)
スピリットグレー(OP/MTL)
ペルラネラブラック(OP/MTL)
ルビーレッド(OP/MTL)
インクブルー(OP/MTL)
パールホワイト(OP/P)
※OP:有料オプション
※MTL:メタリック塗装
※P:パール塗装
全長x全幅x全高 4,329× 1,789 × 1,502 mm
ホイールベース 2,608 mm
トレッド(前/後) 1,536mm / 1,529mm
車両重量(乾燥) 1,280kg
乗車定員 5名
トランスミッション 5MT
エンジンタイプ 水冷直列4気筒DOHC 16V 直噴インタークーラー付きディーゼルターボ
総排気量/内径x行程 1,560cc/75.0mm×88.3mm
圧縮比 16.0:1
最高出力 73kW(100PS)/3500rpm
最大トルク 300Nm(30.5kg-m)/1750rpm
燃料タンク容量 60L
燃費 約30.3km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ/ホイール 16インチホイール
最高速度 177.6km/h
0-100km/h加速 11.5秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。

 

車両詳細画像ギャラリー

シトロエン C4をもっと知りたい方はこちら

並行輸入の新車・中古車に関する無料相談

コアカーズを運営する大阪のYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルや欧州仕様車、限定モデルの新車をはじめ、海外市場で流通する中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。気になるモデルやクルマがある方は、メーカー問わず、お気軽にご相談ください。もちろん、正規輸入車も幅広くお取り扱いしています。


並行輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ