2015.12.16

日本未販売のプチバン フォード B-MAX(Bマックス)の右ハンドルをイギリスから並行輸入いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォード B-MAX

今回ご紹介するフォード B-MAX(Ford B-MAX)は、欧州フォードのコンパクトカーであるフィエスタのプラットフォームをベースとしたプチバンスタイルのMPV(マルチパーパスビークル)。

ベースモデルであるフィエスタ(Fiesta)は、現在の日本市場では、正規輸入車として同社初の1.0Lのダウンサイジングターボであるエコブースト(EcoBoost)エンジンを搭載したモデルとして好評ですが、このB-MAXの日本市場への導入予定は未定となっています。

欧州フォードの並行輸入車を数多く扱ってきたYMワークスでは、フィエスタと同じく1.0L エコブーストエンジンを搭載したB-MAXの右ハンドルモデルをメインにイギリスから並行輸入し、お届けします。

 

ジャストサイズの「プチバン」、フォード B-MAXの特徴

フォード B-MAXは欧州フォードのエントリーモデルであるフィエスタ Mk7と同じフォードB3プラットフォームをベースとした2列シート5人乗りのMPVです。2012年まで生産されたフォード フュージョン(こちらはフィエスタ Mk5ベース)の後継モデルとして、コンセプトモデルとして2011年のジュネーブモーターショーで公開され、市販モデルは2012年に発売が開始されました。

現在、日本でディーラーの輸入車として正規輸入は行われていませんが、欧州フォードはこのようなMPVの開発には長けており、かつて日本市場にも正規輸入されていたフォーカス C-MAX(現行モデルはC-MAX)や、3列シート7人乗りモデルのS-MAXなどのMAXシリーズ、3列シートの本格的ミニバンであるギャラクシー、大きめかつ室内スペースの広さと大容量のラゲッジスペースが売りのトランジット・クーリエやトランジット・コネクトなども展開しており、欧州市場で好評を得ています。

B-MAXのボディサイズは「全長4077mm×全幅1751mm×全高1604mm」と国産車で言えば、トヨタのポルテやスペイドに近く、ミニバンよりも更に小さい「プチバン」と呼ばれるジャンルのモデルで、コンパクトカーが人気の日本でも扱いやすいサイズです。

フォード B-MAX コンセプトアニメーション(約2分半)

 

左右Bピラーレスのスライドドアで大きな開口部を持ったエクステリア

フォード B-MAX エクステリア

フォード B-MAX エクステリア

フォードB-MAXのエクステリアでやはり一番目を引くのが「Unrivalled Access with the Ford Easy Access Door System」と呼ばれる左右Bピラーレスの抜群の開放感を持った両側スライドドアではないでしょうか。

スライドドアを持ったプチバンとしては、トヨタのポルテやスペイド、アイシス、軽自動車のダイハツ タント、かつてはプジョーの1007や日産 プレーリー等がありました。これらは側面スライドドアが1枚だけか、両側スライドドアでも、全部または一部のBピラーが残ってしまうのに対し、B-MAXのリアは左右両側共にスライドドアを採用、しかも左右Bピラーレスのためフロントドアと合わせて最大1500mmという巨大な開口部を実現しています。

このようなBピラーレスの左右両側スライドドアを採用したモデルは、現在はもちろん、過去に遡ってもこのB-MAXをはじめごく少数で、貴重な存在です。

全体的なデザインテイストは最近の欧州フォードのデザインに則った台形グリルやシャープなヘッドライトなど、ベースモデルとなるフィエスタなど欧州フォード各モデルとの共通性が見られます。

 

大きな開口部のドアに加え、多彩なシートアレンジが出来るインテリア

フォード B-MAX インテリア 多彩なシートアレンジが可能

フォード B-MAX インテリア 多彩なシートアレンジが可能

インテリアで目につくのは、まずシートです。コンパクトカーなのに大ぶりかつしっかりとした掛け心地のシートは日本のコンパクトカーとは一線を画したものとなっています。
大きな開口部により、各シートへのアクセスや、後席を畳んだ際の荷物の積み込みが容易です。また、後席や助手席を水平まで倒せるため、多彩なシートアレンジが可能で、長尺物なども簡単に飲み込めます。

 

エンジンは燃費・パワーのバランスが良い3気筒1.0L エコブーストがお勧め

フォード B-MAX 1.0L エコブーストエンジン

フォード B-MAX 1.0L エコブーストエンジン

エンジンは1.0L 3気筒のエコブーストをはじめ、4気筒1.4Lと1.6Lのデュラテック(Duratec)エンジン、そして1.5L 4気筒のデュラトルク(Duratorq)ディーゼルエンジンがラインナップされています。

この中でもやはり特筆すべきは、日本市場でもフィエスタで評判の良いエコブーストエンジンです。欧州市場の環境エンジン技術として人気のダウンサイジングターボのエンジンは、3気筒1.0Lとコンパクトながら、125psの最高出力と20.3kgmの最大トルクという動力性能に加え、燃費も実走行に近い欧州複合燃費で20.4km/Lという優れた低燃費性能を実現しています。

このエコブーストエンジンはB-MAXのデビュー年である2012年以降、2013年、2014年と3年連続でInternational Engine of the yearを受賞しており、このエンジンが並々ならぬ完成度の高さの持ち主であることを物語っています。

冒頭のエンジンと組み合わせるB-MAXのミッションは基本的に5速マニュアル。YMワークスでは前述の3気筒1.0L エコブーストエンジンに5MTのモデルを一押しとしますが、オートマチックモデルをご希望のお客様には4気筒1.6L デュラテックエンジンに6速AT相当である、ゲドラグ製デュアルクラッチトランスミッションのパワーシフト(PowerShift)を組み合わせたモデルもご用意できます。(パワーシフトとの組み合わせは1.6Lエンジンのみ)

基本は日本での取り回しがしやすい右ハンドルのイギリス仕様。左ハンドルモデルをご希望の方はご相談ください。

 

しなやかな足回り、フィエスタ譲りのハンドリング

サスペンションについてはフロントはマクファーソン、リアは半独立という構成です。車重はベースとなるフィエスタよりも相応に増加していますが、B-MAXに合わせたセッティングがなされ、しなやかで乗り心地が良く、楽にボディコントロールが出来るような味付けの足回りとなっています。ドライバーが退屈する、という類のクルマ達とは一線を画するハンドリングと言えます。

 

フォード B-MAXの総評

ベースとなるフィエスタは、クラスの欧州ベストセラーになるなど、ベンチマークカーとしての地位を確立したモデルですので、B-MAXもその素性の良さを受け継ぎ、更に空間効率を生かしたMPVとして、使い勝手はもちろん、ハンドリングや走行性能、乗り心地においても、評判の良いモデルです。さらに、C-MAXやS-MAXでも高い評価を受けているフォードのMPVに準じた、高い品質基準を満たしており、欧州市場の各メディアでも絶賛に近い評価を受けています。

フォード B-MAXは2012年デビュー時の衝突安全試験であるEuroNCAPでは5つ星を獲得しています。安全性が高いのもメリットの一つです。

フォード B-MAX

フォード B-MAX

 

フォード B-MAXのライバルと評価・評判は?

フォードB-MAXのライバルとなる欧州市場でのプチバンタイプのマルチパーパスビークルは、ボクスホール/オペル メリーバや、シトロエン C3 ピカソやネモ、フィアットクーボなどが挙げられます。

これらのライバルと比較すると、メリーバはB-MAXとかなり近い成り立ち(コンパクトカーのフィエスタのライバルであるコルサがベース)にドア開口部の拡大を狙ったリアの逆ヒンジドアの採用による観音開きなどがあります。

面白いギミックですが、まずB-MAXと違いピラーがあることと、狭い場所や子供の乗り降りの際には幅を取らないスライドドアを持ったB-MAXの方が利便性は高いといえます。

シトロエンC3 ピカソもサイズ的にはB-MAXに近いですが、前後ドア共に普通のヒンジドアで開放感は少ないです。最近、1.2Lのダウンサイジングターボエンジンのモデルが追加されましたので、このスタイルがという方にはいいかもしれません。

シトロエン ネモやフィアット クーボなどは、B-MAXと同じようにスライドドアを採用するも、Bピラーは残っていたり、商用ユースも考慮したモデルのため、乗用車ベースのB-MAXの方が乗り心地なども優れているといえます。エンジンはB-MAXの圧勝といえるでしょう。ラゲッジの広さについては確かに弱いかも知れませんが、フォードには、商用車ベースのプチバンとしてトランジット・クーリエ(1.0Lのエコブースト搭載)もラインアップされています。

プチバンでスライドドアにBピラーレスの開放感、そして乗用モデルをベースとして乗り味も良く、燃費も良いB-MAXは、直接競合するライバル不在のオンリーワンな一台です。

フォード B-MAX CF 「Man dives through Ford B-MAX!」(約30秒)

 

充実装備のグレードとオプションは

充実した装備のグレードであるタイタニアム(Titanium)では、エコ性能ではアイドリングストップをはじめ、便利機能としては坂道発進をアシストするヒルスタートや、オートライトにオートワイパー、快適装備としてはオートエアコン、外装については16インチアロイホイールなどが標準装備されます。

オプションについては、17インチアロイホイール(300ポンド)などに加え、安全装備としてActiveCityStop(衝突軽減ブレーキ)(200ポンド)、CityPack(パーキングセンサーや、ドアモニターカメラ)(200ポンド)リアカメラ(600ポンド)シートヒーター(175ポンド)などがあります。

 

ベストバイは1.0L エコブーストに5MTのタイタニアム

フォードB-MAXのベストバイは、充実装備が標準のタイタニアムに、パワーと燃費、走りのバランスが取れた1.0L エコブーストエンジンと5MTを搭載した組み合わせでしょう。

このエンジンとミッションの組み合わせは欧州市場でも最も人気の組み合わせとなっており、正規輸入車では味わえない、並行輸入で”欧州市場からの産地直送感”を味わえる、まさに「味の濃い一台」であると思います。

「オートマチックでないと」というお客様には、前述の通り4気筒1.6Lデュラテックエンジンと6DCTであるパワーシフトの組み合わせも選べますし、「さらに上級モデルを」という方には最上級グレードのタイタニアムXを、「やはり欧州車は左ハンドル」という方には左ハンドル仕様もご用意できます。それぞれお客様のニーズに合った仕様を選んでいただけるのも並行輸入ならではのメリットです。

 

フォード B-MAXを日本に並行輸入した場合の乗り出し価格

手頃なサイズのプチバン、フォード B-MAXのイギリスでの販売価格は、1.0L エコブーストエンジンに5速MTを搭載したタイタニアムの標準仕様で17,295ポンドとなっています。イギリスより並行輸入した場合の日本国内の乗り出し価格は、諸経費込で、410-420万円(2015年8月8日為替レート1ポンド193円にて計算)くらいになりそうです。下に、最新為替連動による日本国内での乗り出し価格の目安を表示させていますので、ご参考にしてください。

フォードジャパンでは正規輸入車として導入されていませんので、B-MAXを入手するには、並行輸入が現実的な手段です。

 

国内乗り出し価格の目安:(税金・諸費用込)

※表示金額はご覧になっている時点での為替レートにて算出しております。
※輸入国からの輸送料、各種税金、検査費用、登録諸費、納車費用(大阪近郊)は全て含まれています。
※正式なお見積り、遠方への納車費用など、改めてご提示いたしますのでお問い合わせください。

 

スペック表

車名 フォード B-MAX / FORD B-MAX
エンジン、サンプルグレード Titanium 1.0T 125PS EcoBoost 5Speed(MT)
with Auto-Start-Stop
英国販売価格 £17,295
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー ブラザーブルー(標準色)
レースレッド(標準色)
フローズンホワイト(OP)
バーニッシュグロー(OP/MTL)
ノーティカルブルー(OP/MTL)
パンサーブラック(OP/MTL)
ムーンダストシルバー(OP/MTL)
テクトニックシルバー(OP/MTL)
ディープインパクトブルー(OP/MTL)
マグネティック(OP/MTL)
レッドラッシュ(OP/MTL)
※OP:有料オプション
※MTL:メタリック塗装
全長x全幅x全高 4077 × 1751 × 1604 mm
ホイールベース 2489 mm
トレッド(前/後) -/-
車両重量(乾燥) 1179kg
乗車定員 5名
トランスミッション 5速MT
エンジンタイプ 水冷直列3気筒DOHC 12Vターボ
総排気量/内径x行程 999cc/71.9×82.0mm
圧縮比 10.0:1
最高出力 125ps/6000rpm
最大トルク 20.3kg-m/1400rpm
燃料タンク容量 48L
燃費 約20.4km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイヤ/ホイール 16/17インチホイール
最高速度 190km/h
0-100km/h加速 11.2秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。
車名 フォード B-MAX / FORD B-MAX
エンジン、サンプルグレード Titanium 1.6 105PS PowerShift automatic(AT)
英国販売価格 £17,795
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー レースレッド(標準色)
フローズンホワイト(OP)
バーニッシュグロー(OP/MTL)
ノーティカルブルー(OP/MTL)
パンサーブラック(OP/MTL)
ムーンダストシルバー(OP/MTL)
テクトニックシルバー(OP/MTL)
ディープインパクトブルー(OP/MTL)
マグネティック(OP/MTL)
レッドラッシュ(OP/MTL)
※OP:有料オプション
※MTL:メタリック塗装
全長x全幅x全高 4077 × 1751 × 1604 mm
ホイールベース 2489 mm
トレッド(前/後) -/-
車両重量(乾燥) 1208kg
乗車定員 5名
トランスミッション 6速PowerShift(デュアルクラッチトランスミッション)
エンジンタイプ 水冷直列4気筒DOHC 16V
総排気量/内径x行程 1596cc/79.0×81.4mm
圧縮比 11.0:1
最高出力 105ps/6000rpm
最大トルク 15.2kg-m/4000rpm
燃料タンク容量 48L
燃費 約15.6km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイヤ/ホイール 16/17インチホイール
最高速度 180km/h
0-100km/h加速 12.1秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。

 

車両詳細画像ギャラリー

  • フォード B-MAX
    フォード B-MAX

 

フォード B-MAXをもっと知りたい方はこちら

オフィシャルサイト(FORD UK)
コンフィグレーター(FORD UK)
カタログダンロード(FORD UK 英語版)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

並行輸入の新車・中古車に関する無料相談

コアカーズを運営する大阪のYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルや欧州仕様車、限定モデルの新車をはじめ、海外市場で流通する中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。気になるモデルやクルマがある方は、メーカー問わず、お気軽にご相談ください。もちろん、正規輸入車も幅広くお取り扱いしています。


並行輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう