フィアット クーボを解説、正規輸入車や並行輸入の情報も掲載。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フィアット クーボ TREKKING

フィアット クーボは、同社の小型商用車フィオリーノをベースにした LAV(レジャー・アクティビティ・ビークル)です。

この記事では2016年にマイナーチェンジが行われたフィアット クーボのイギリス仕様右ハンドルについて解説しています。また、日本で乗るための並行輸入情報も掲載しています。

モデルの概要

フィアット クーボ LOUNGE

フィアット クーボ LOUNGE

フィアット クーボは同社が開発し、トルコのトファシュ(Tofas)社が生産するモデルで、2008年のパリモーターショーでデビューしました。グランデプントをベースにした商用車フィオリーノの乗用車版といえる成り立ちで、グループPSAへも供給され、それぞれプジョー ビッパー、シトロエン ネモとして販売されています。

全長4mを切るコンパクトなボディは、LAVとしてはもっとも小さい部類です。跳ね上げ型のテールゲートを持つ5ドアボディは、フロントがヒンジドア、リアはスライドドアで、乗車定員は5人です。エンジンは1.4Lのガソリンと、1.3Lのディーゼルターボの2種類。以前は2ペダルのデュアロジックも用意されていましたが、現在選べるのは5MTのみです。駆動方式はFFで、エンジンは横置きされています。

2016年のマイナーチェンジではグリルの形状が変更され、表情が一新されました。新しいグリルは同社のデュカトとも共通したイメージです。また、SUV風に仕立てられたグレード、”トレッキング”もラインナップされています。

フィアット クーボ 2008-2015

フィアット クーボ 2008-2015

フィアット クーボ 2016-

フィアット クーボ 2016-

【並行輸入車】フィアット デュカトを徹底解説。イギリス仕様右ハンドルをお好みの仕様で並行輸入します。

商用車はクルマの中でも、日々過酷な仕事に使われるという性質から、独特な魅力を持っています。普段はスポーツカーに惹かれるクルマ好きも、プロの道具として使われる商用車の細部を見ると、その機能性や合理性には...

 

ハイライト

エクステリア

商用車っぽさを感じさせないデザイン

全長4m弱、全福1.7m強のコロンとしたボディは、下くちびるを突き出したようなバンパーとフロントマスクの造形で、これは兄弟車も共通です。リアに向かうにつれてウエストラインが上がり、サイドウインドウが小さくなっていくのも特徴的。リアエンドはテールゲート横に縦長の灯火類を置いたオーソドックスなものですが、ディティールはイタリア車らしいセンスを感じさせるもので、商用車っぽさは少なく、スタイリッシュに仕上がっています。

フィアット クーボ LOUNGE

フィアット クーボ LOUNGE

フィアット クーボ LOUNGE

フィアット クーボ LOUNGE

 

インテリア

ベーシックモデルらしいシンプルなつくり

インパネのデザインはベーシックカーらしくシンプルなもので、初見でも扱いやすいものです。マイナーチェンジ以前はグレーだったダッシュボードの化粧パネルをピアノブラックへ変更し、品質感を向上させています。内装色は黒基調のみですが、シート表皮はブラックと温かみのあるグレーの2トーンカラーで、各グレード2種類ずつ用意されています。

リアシートの背もたれは6:4の分割可倒式で、座面ごと前方へ折りたたむことや、シートごと取り外すことが可能です。最大で2,800Lまで荷室を広げることができ、大きな荷物も積載できるのはLAVならではの魅力です。

フィアット クーボ インパネ

フィアット クーボ インパネ

フィアット クーボ インテリア

フィアット クーボ インテリア

 

パワートレイン

1.4Lのガソリンと1.3Lディーゼルターボを用意

1.3Lマルチジェットエンジン

1.3Lマルチジェットエンジン

エンジンはすべてEURO6に対応した直列4気筒ユニットで、1.4LのガソリンはNAで77ps、1.3Lのディーゼルはターボの加給により80psもしくは95psを発揮します。

2017年現在、イギリス仕様で組み合わされるトランスミッションは5速MTのみとなり、2ペダル仕様は用意されません。

 

サスペンション

快適性を確保したオーソドックスなサスペンション

フィアット クーボ TREKKING

フィアット クーボ TREKKING

サスペンション形式は、フロント=マクファーソン・ストラット、リア=トーションビームという、このクラスとしてはオーソドックスなものです。

商用車をベースとた2008年デビューのモデルであり、最新のモデルと比べればやや古く感じる部分もあるものの、日常での快適性は十分に確保されていると評価されています。

 

参考スペック

フィアット クーボ ラウンジ 1.3 マルチジェット 80HP


寸 法 ▶︎全長×全幅×全高=3959 x 1716 x 1735 mm(ルーフバー装着車:1810mm)
     ホイールベース:2,513 mm トレッド前/後 1,462 mm / 1,464 mm
エンジン▶︎水冷 直列4気筒 ディーゼルターボ
     1,248 cc 69.6 × 82.0 mm  16.8:1 80 HP/3750 rpm 20.4 kg-m /1500rpm
駆動方式▶︎FF/5MT 
懸架装置▶︎前:マクファーソン・ストラット
    ▶︎後:トーションビーム
ブレーキ▶︎前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
タイヤ ▶︎前後:
燃料容量▶︎45L 車両重量▶︎1,275 kg 最高速度▶︎ 199 km/h 0-100km/h加速▶︎10.5秒
燃 費 ▶︎約 22.2km/L(欧州複合基準)-m/L(JC08モード日本仕様参考値) 
価 格 ▶︎15,005 ポンド(イギリス仕様車)

※その他の仕様のスペック詳細はカタログ情報(リンク)をご覧ください

 

ライバルモデル

全長4mを切るLAVは数が少なく、兄弟車であるプジョー ビッパー/シトロエン ネモが直接のライバルとなります。それぞれ乗用バージョンが用意されており、名前はビッパー ティピー、ネモ マルチスペースといいます。基本的な構成はクーボと同じなので、好みのブランドで選んでよいでしょう。

シトロエン ネモの右ハンドルを並行輸入いたします。おしゃれな商用バンで仕事しませんか?

お店のサービスやビジネスを、おしゃれでかわいいクルマでもっと多くの人にアピールしませんか。今回は、そんな用途にまさにピッタリなコンパクト商用バン「シトロエン ネモ(Citroen Nemo)」をご紹介...

日本未発売の小さなビジネスパートナー、プジョービッパーを徹底解説。右ハンドル仕様を並行輸入します。

プジョー ビッパー(PEUGEOT BIPPER)は、プジョーが販売する、Bセグメントのコンパクトカーをベースにした小型バンモデルです。小型のパネルバンは、ヨーロッパではどの街でも普通に見かける商用車...

全長4mを超える車種では、フォルクスワーゲン キャディ ライフや、ルノー カングー、さらにプジョー パートナー ティピー/シトロエン ベルランゴ マルチスペースなどがあります。これらはサイズがひと回り大きくなるので、直接的なライバルではありませんが、コンセプトが近いことから購入を検討する場合は比較に挙がる場合が多いかもしれません。

【並行輸入車】フォルクスワーゲン キャディ ライフを徹底解説。ガソリン、ディーゼル、7人乗りなどお好みの仕様で並行輸入します。

フォルクスワーゲン キャディ ライフ(Volkswagen Caddy Life)は、Cセグメントに属するコンパクトMPVです。 キャディ ライフのベースとなるのは商用車「キャディ」の3代目モデルで...

【並行輸入車】7人乗りカングー、ルノー グランカングーを徹底解説。日本未導入の左ハンドル6MT仕様で並行輸入します。

これからご紹介するのは、ルノー カングー(Renault Kangoo)です。といっても、日本でおなじみの5人乗りではなく、ホイールベースを400mm近くストレッチして3列シートにした7人乗り。その名...

【並行輸入車】プジョー パートナー ティピーを徹底解説。イギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

プジョー パートナー ティピー(Peugeot Partner Tepee)は、Cセグメントに属するフルゴネットをベースとしたLAV(Leisure Activity Vehicle)です。 201...

【並行輸入車】シトロエン ベルランゴ マルチスペースを徹底解説。ガソリン、ディーゼルなどお好みの仕様で並行輸入します。

屋根付きの小さな荷物車を意味するフランス語、Fourgonnette(フルゴネット)。日本だとバンやライトバンという呼び名になるでしょうか、ちょっと味気ないですよね。またフルゴネットをベースに、乗用用...

 

バイヤーズガイド

クーボのグレード構成は、ベーシックなPOP、豪華装備のLOUNGE、SUVテイストに仕立てたTREKKINGの3つです。

POPでも4つのエアバッグやESC、空気圧監視システムなど基本的な装備は省かれていませんが、エアコンが装備されていません。LOUNGEはエアコンのほか、16インチアルミホイールやフォグライトも標準装備されます。TREKKINGはホイールが15インチになり、クルーズコントロールや、リアパーキングセンサー、ダークティンテッドガラスが標準装備され、事実上の最上級グレードとなっています。

SUV仕立てのLAVは珍しい存在となっており、TREKKINGを選んでも面白いかもしれません。

フィアット クーボ TREKKING&LOUNGE

フィアット クーボ TREKKING&LOUNGE

 

2017年現在のフィアット クーボの日本仕様と今後の導入予想

FCAはフィアットブランドの正規輸入を行っていますが、いままでクーボは導入されておらず、今後の可能性についても未知数です。2017年で発売から9年目となり、今からの導入というのは望み薄かも知れません。

 

並行輸入という選択肢

日本市場に正規輸入されていない組み合わせでも、並行輸入を行えば日本で所有できます。

一例としてコアカーズを運営する並行輸入者販売店のYMワークスでは、最新の為替レートを反映したフィアット クーボの乗り出し価格を案内しています。下記表では最新の為替レートに基づいた価格を表示しています。

  • 車名
  • 2年保証付き
    国内乗り出し価格目安

  • (税込・諸費用込)

  • (税込・諸費用込)

国内乗り出し価格目安は、ご覧の時点での為替レートにて算出しております。 金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスをお願いします。

また並行輸入に関しては、関連記事も併せてご覧ください。

並行輸入車とは?正規輸入車との区別や具体的ケースを解説

「並行輸入車」というキーワードはコアカーズをはじめ、多くの自動車関連メディアでしばしば採り上げられています。しかし、並行輸入車とは何なのか、わかりやすい説明はあまり見かけません。 この記事では、並行...

車両詳細画像ギャラリー

関連リンク

カタログダウンロードページ

フィアット 英国 クーボ カタログダウンロード(Fiat UK Qubo)※個人情報が必要です

現地法人公式サイト・コンフィギュレーター

フィアット 英国 クーボ オフィシャルサイト(Fiat UK Qubo)
フィアット 英国 クーボ コンフィギュレーター(Fiat UK Qubo)

 

※本記事は2017年12月5日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

並行輸入・逆輸入・輸入代行に関する無料相談

コアカーズを運営するYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルの欧州車の新車をはじめ、海外市場で流通する高年式中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。もちろんディーゼル、左ハンドル、逆輸入車、ラリーカーやクラシックカーなど、メーカーを問わず幅広くお取り扱いしています。こだわりのモデルやクルマがある方は、まずはご希望をお聞かせください。安心の保証制度と全国規模の整備ネットワークでこだわり輸入車ライフをサポートします


自動車輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ