輸入中古車|プジョー 106ラリー16Vのフルレストア車を販売、最も新車に近い1台?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

スポーツプジョーの代名詞として未だに人気の衰えを感じさせない106S16/ラリー16V。YMワークスでも大規模なメンテナンスのご注文の多い車種です。

今回ご紹介するこのプジョー 106ラリー16Vは、もともとYMワークスにて並行輸入した個体で、ヤレが少なかったこともあり2011-2013年にかけて「106再生計画」と称し、YMワークスの持てるノウハウの全てを投入、当時考えうる最大規模のレストアを施した車両です。ベース車から受け継いだのはボディ本体とエンジンブロック・ミッション及び一部のボディパネル他、ごく僅かで、補機類や電装系、ダッシュボードから内装に至るまで、可能な限りの新品部品を装着(通常修理や普通のレストアと違い、ココがキモです。)して仕上げられました。

ここまで新車に近い状態まで仕上げた106は国内はもとより海外に目を向けてもまずないと思います。販売後の利用状況・保管状態も良かったため、現在でもかなりのコンディションを維持しています。見方によっては現在、一般流通する中で最も新車に近いコンディションを維持している106といえるのではないでしょうか。

この記事の目次

「106再生計画」のコンセプト

この個体は「106再生計画」の先行テストケースとして、レストア時より、5-10年程度は基本的なメンテナンスと消耗品交換で気持ちよく乗れる106を目指しました。機能部品はもちろんのこと、目に見える、人の手に触れるという部分は、純正部品(一部OEM部品)による可能な限りの新品パーツ交換を行うとともに、新車時のクオリティを再現すること、に主眼を置いています。

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

レストア内容とレストア時の記録

エンジン・補機類はもちろん、ダッシュボード・内張りまで全て外したホワイトボディの状態からのフルレストア。

とにかく外せるものは全て取り外しました。エンジン・補機類はもちろんのこと、サスペンションからアーム、燃料タンク、ダッシュボードから内装のカーペットに至るまで全部です。

エンジン、補機類他、外せるものは全部外しました。

エンジン、補機類他、外せるものは全部外しました。

内装もカーペットまで全部剥がしています。

内装もカーペットまで全部剥がしています。

ボディ各部に補強材を溶接、大量のスポット増しも実施。

ヤレが少ないとはいえ、元々は中古車ですから相応の劣化は出てきています。そこで106のボディ剛性上の弱点を意識し、バルクヘッド部を中心に補強材を溶接、ドア開口部やウィンドウ周りには大量にスポット溶接を実施しました。ノーマルとは一味違うボディの剛性感が得られています。

ボディ開口部には大量のスポット溶接を追加

ボディ開口部には大量のスポット溶接を追加

バルクヘッド下部を中心に補強材を溶接

バルクヘッド下部を中心に補強材を溶接

ポルシェ指定工場でホワイトボディ状態での焼付全塗装を実施。

ボディの補強が終了した段階で、最低限度の移動用架装を施し、全塗装を行っています。塗装を依頼したのは近隣にある「ポルシェ指定塗装工場」です。ここは国内でも屈指の技術を持った「板金・塗装工場」で塗装に一過言あるポルシェレベルで入念に塗装作業が行われました。

ポルシェ指定塗装工場での全塗装作業を実施

ポルシェ指定塗装工場での全塗装作業を実施

戻ってきた106。新車以上の仕上がりを感じさせます

戻ってきた106。新車以上の仕上がりを感じさせます

交換可能なパーツは全て新品を投入。

普通の修理やレストアと大きく異なるのが「交換可能なパーツは全て新品交換」であることです。使えそうだから、リビルドできそうだ、ということを徹底的に廃し、可能な限りの新品パーツを投入しました。パーツ代だけでも106の新車が買えるぐらいになります。

続々と届く106用パーツ。これで半分位

続々と届く106用パーツ。これで半分位

エンジンルームではエンジン・ミッション以外のほぼ全ての補機類・関連配管を、外装ではランプユニット、ウィンドウ、内装に至ってはダッシュボード(ブロアモーター、ルーバー等を含む)、メーターユニット、フロアカーペット、内張り等、ほぼ全部のパーツが新品に換装されました。

ランプ類や小物

ランプ類や小物

ダッシュボード、バンパー等の大物

ダッシュボード、バンパー等の大物

106の純正パーツは国内・本国を問わず、欠品が多数出始めており、YMワークスがこれまでに構築してきたパーツ入手ルートをフル活用して集めました。一部、問題ないと思われる箇所にはOEMパーツ(純正部品製造メーカーの自社ブランド販売部品)も使用しています。正直、国内でここまでの106純正パーツを用意できるお店もそうはないと思います。

エンジン・ミッションはフルオーバーホール、LSD、ハイコンプピストンも組込み。

エンジンブロックとミッションは、ボディとともにベース車から引き継いだ数少ない部分ですが、バラせるところはバラし、手を入れられる部分はほぼ全て手を入れています。

ミッションのフルOHとLSDの組込み

ミッションのフルOHとLSDの組込み

まず、ミッションは全て分解、フルオーバーホールし、機械式LSDを組込みました。もちろんクラッチもオーバーホール済みです。

MAX FLOW HEAD加工を施工中

MAX FLOW HEAD加工を施工中

バルブを組付け完成したヘッド部

バルブを組付け完成したヘッド部

ヘッド部も全てバラし、YMワークスの定番メニューである「MAX FLOW HEAD(ポート研磨・拡大加工)」を施工しました。吸排気バルブも研磨加工を施しています。シリンダーブロックは僅かにボーリング加工を施し、オーバーサイズの鍛造ピストンをクランクのOHとともに組込んでいます。加えて、定番の「Superchips ECU書換え」を実施。排気系には等長ステンエキマニを耐熱テーピング仕上げで装着しました。

鍛造オーバーサイズピストンの組込み

鍛造オーバーサイズピストンの組込み

OH前・後のシリンダーブロックとクランク

OH前・後のシリンダーブロックとクランク

これらの相乗効果で低中速トルクは大幅にアップ、高回転域のパワー感を犠牲にすることなく、タウンユースでもその違いを実感していただけます。

現車はエンジンの最終組上げ時に、オーナーから実用域を重視したい、との意向を受けておりましたので、見送りましたが、高回転域を重視、という方には「ハイリフトカムシャフト」への換装も別料金で承ります。

インテリアはダッシュボード、メーターパネル、エアコン関係、内張に至るまで新品パーツを投入。

インテリアの多くは目に見え、手に触れる部分。ここでもほどんどのパーツを新品交換しています。通常は交換することが滅多にないダッシュボード、エアコン関係のエバポレーター、ブロアモーター、ルーバー他、電装系の配線もほぼ全て新品に置き換えられました。

ダッシュボードをはじめ内装もほぼ全部品を新品交換

ダッシュボードをはじめ内装もほぼ全部品を新品交換

シートはレザー+アルカンターラ仕様に張替え、Rallyeのロゴ刺繍も。

元オーナーはシートをフルバケに交換し使用してきたので、ほぼ未使用のノーマルシートが保管されており、前席はそれを使っています。基本はオリジナルに拘ってはいますが、ここは近年のスポーツモデルを範としてサイドをレザー、センターをパンチングメッシュのアルカンターラに張替えました。カラーリングは内装のイメージに合わせブラック系とし、センターバックには「Rallye」のロゴを配しています。リアシート、ドア内張り、純正ステアリングも同じ素材を使用しました。なかなか良い感じに仕上がったと思います。

車内のコンディションも抜群です。ステアリングもシートに合わせています。スレやヘタレは皆無

車内のコンディションも抜群です。ステアリングもシートに合わせています。スレやヘタレは皆無

ブラックレザーとパンチングメッシュのアルカンターラで張り替えたシート。

ブラックレザーとパンチングメッシュのアルカンターラで張り替えたシート。

リアシートもご覧の通り

リアシートもご覧の通り

ドア内張りも同素材でコーディネート

ドア内張りも同素材でコーディネート

足回り・ブレーキはノーマルを踏襲、ホイールはMICHELIN製の純正白鉄チン。

マスターシリンダーをはじめブレーキ構成部品も全て新品交換済みです。ステンメッシュのホースを入れた以外、足回り・ブレーキはとりあえず、ノーマルを踏襲しています。これはオーナーの好みが分かれる部分でもあり、購入後に仕上げる余地を残したものです。また、本来は106S16と同じ14インチのアルミホイールが標準仕様なのですが、真円性が高く、より軽量で人気のあるMICHELIN製 純正スチールホイールをセレクトしています。

ブレーキ系の構成部品も全て刷新

ブレーキ系の構成部品も全て刷新

MICHELIN製5.5Jx14軽量スチールホイール

MICHELIN製5.5Jx14軽量スチールホイール

エンジン・ミッションの搭載と各部の仕上げ

各部に新品パーツを組み付けていきます。組み上がったパーツの状態をご確認ください。前後ウィンドウの組込みは専門業者に依頼しました。

クーリングファン、ラジエーター、ワイパー、エアコン配管

クーリングファン、ラジエーター、ワイパー、エアコン配管

燃料タンク、ドア部、ウィンドウ、バンパーの取付

燃料タンク、ドア部、ウィンドウ、バンパーの取付

エンジンに補機類を接続し搭載

エンジンに補機類を接続し搭載

各部のディティール

各部のディティール

プジョー 106ラリー16V、レストア直後の姿

プジョー 106ラリー16V、レストア直後の姿

プジョー 106ラリー16V、レストア直後の姿

プジョー 106ラリー16V、レストア直後の姿

レストア後の走行距離は僅か11,000km程。現車の今後の維持管理について。

レストア後の走行距離は約11,000km

レストア後の走行距離は約11,000km

現車はレストア後、ほぼ5年が経過しましたが、元オーナーの配慮により内外装ともにキズ・汚れ等はほとんどなく、かなりのコンディションを維持しています。レストア後の走行距離は僅か11,000km程で、機関の調子も上々です。

しかしながら、経年劣化に伴う消耗品の交換は必要とされる時期に来ていることも事実。エンジンオイルをはじめ必要と判断した油脂類や消耗品は全て交換してから納車いたしますが、気持ちよく、長く乗るためにも定期的な点検整備をキッチリ行っていくことが肝要と思います。

また、足回り・ブレーキはパッド・フルードの交換程度でいましばらくは問題ないと思いますが、好みが分かれる部分でもありますので、お好みの仕様にしたいという方は別途ご相談ください。

装着・組込み済みチューニングパーツ

この個体にはレストア時に、定番といえるチューニングパーツの組込みを多数行っております。

  • 機械式トルセンLSD
  • Superchips ECU ROM書換え
  • YMワークス MAX FLOW HEAD加工
  • 鍛造オーバーサイズピストン組込
  • ステンレスエキゾーストマニホールド(耐熱テーピング済み)
  • YM SPORT エアインダクションキット
  • ステンメッシュブレーキホース
  • YM SPORT クイックシフト

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車両の価格と車両個体情報

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

106S16は最終モデルの販売後、もうすぐ15年が経過しようとしています。一部中古車の中には走行距離が3万km程の個体も見受けられますが、補機類・消耗品をはじめとする経年劣化は相応に進んでおり、いつどこで何が壊れてもおかしくない状況にあると言えます。

YMワークスをご利用の106ユーザーの方々の中には未だに高額な整備・修理・パーツ交換をご依頼の方が少なくありません。キチンとした状態で乗ろうと思えばある程度の覚悟が必要なクルマになりつつあることも事実です。

この車両の最大のポイントは5年前とはいえ、「ほぼ全てのパーツ交換を実施している」ことにあります。確かにレストア直後よりは信頼性や安心感が低下していることは否めませんが、それでも新車時からのパーツを数多く引き継いでいる一般市販中古車とは比較になりません。塗装についてもかなりの高品位塗装が施されていますのでコーティング等を定期的に施工すればまだまだ高いコンディションを維持できるでしょう。

FBM2013でのお披露目。お客様・同業者からの注目を集めました

FBM2013でのお披露目。お客様・同業者からの注目を集めました

少々、割高に感じられる方もいるかと思います。しかしながら、これまでご紹介してきた作業を実施し、パーツ代・工賃・外注作業費等をまともに計算していたら500万円クラスの価格になってしまいます。この個体は、その後のレストア車両の実験的意味合いを含めたテストケースとして可能なことは全部やる、という方針のもとに製作・施工したものですので、事実上、工賃等を考慮しない価格でご提供しています。

これから106を低コストでキッチリした形で乗り続けたいという方に自信をもってオススメできる車両です。

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車

車名 プジョー 106 ラリー16V フルレストア車両
PEUGEOT 106 Rallye16V
販売価格 ¥2,920,000(税込車両本体価格)※登録諸費用は別途必要です。
型式 -S2S-
初度登録 2001年07月
車検 2019年3月
走行距離 約11,000km(フルレストア後)
ハンドル
ドア数 3
カラー ビアンカホワイト
全長x全幅x全高 3690×1620×1370mm
車両重量 約920kg
乗車定員 5名
トランスミッション 5速マニュアル
エンジンタイプ 水冷直列4気筒DOHC16V
総排気量・内径×行程・圧縮比 1587cc・78.5×82.0mm・10.8
最高出力 118ps / 6600rpm (ノーマルカタログ値)
最大トルク 14.5kgm / 5200rpm (ノーマルカタログ値)
燃料タンク容量 45(無鉛プレミアム)
タイヤ・ホイール 前後:185/55R14・ホイール:5.5Jx14
修復歴 フルレストア車の為、分類上は有りになります。
特記事項 YMワークス継続整備車両、保証3カ月

プジョー 106 ラリー16V フルレストア車両の現況 車両詳細画像ギャラリー

クリックで大きい画像が表示されます。

 

関連リンク

本個体のレストア作業の記録

2011年から2013年にかけてのレストア作業の様子をご紹介したFC2ブログでの記事になります。掲載情報は当時のものですので価格情報等を含め参考程度にご覧ください。

掲載中の中古車に関するお問い合わせ

下記のお問い合わせフォームにご入力いただくかお電話にてお気軽にお問い合わせください。なお、お問合せいただきました内容によっては、お時間をいただく場合やご回答しかねる場合がございますのであらかじめご了承ください。

※電話番号のお掛け間違い、メールアドレスの入力ミスにお気をつけ下さい。

電話でのお問い合わせ

045-947-3036
受付時間/ 10:00 20:00(土祝除く)
担当者:宮崎(ミヤザキ)

※お電話の際、「コアカーズの中古車記事を見た」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

お名前 必須

ご住所 必須

電話番号 必須

メールアドレス 必須

ご検討中の中古車 必須

メッセージ本文 必須

プライバシーポリシー

※本記事は2018年7月4日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事