【イベントレポート】フレンチブルーミーティング2017(FBM2017)/長野県茅野市車山高原

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
今年のメイン看板。YMワークスブースはこの前が定位置。

2017年10月28日-29日、長野県茅野市の車山高原にて日本最大規模のフランス車の祭典「フレンチブルーミーティング2017(French Blue Meeting 2017、通称FBM2017)」が開催されました。

フレンチブルーミーティング公式サイト:http://www.kurumayama.com/fbm/

当日は超大型の台風22号が会場付近の本州中部を通過する予報が出ており、天候に恵まれた過去3回とは一変して生憎の雨模様。気温もそれほど上がらず、時折、激しい雨といった最悪に近いコンディションで、風がそれほど強くなかったのがせめてもの救いでした。そのような中、朝方はまばらであったメイン会場のグラウンド駐車場も10時頃にはほぼ埋め尽くされ、昨年ほどではないものの多くの参加者で賑わいました。

コアカーズを運営する大阪府堺市の輸入車販売会社 YMコーポレーション(以下、YMワークス)は「ルノー トラフィック」と「ルノー トゥインゴ GT」を出展、多くの方にご覧いただきました。併せましてたくさんのご商談・ご相談をいただきましてありがとうございました。

イベント概要

フレンチブルーミーティングは2017年で31回目となる日本で最大規模のフランス車の祭典。毎年10月中下旬に長野県茅野市の車山高原で開催されています。全国各地のフランス車やフランス雑貨・食品を扱うショップも多数出店している他、参加者のフリーマーケットや土曜日に行われる前夜祭も人気です。2016年は3000台/7000人の参加者を数え、フランス車ミーティングのみならず、フランス文化全般に触れられる日仏交流のイベントとして定着しています。

プジョーを中心としたフランス車のスペシャルファクトリーとして成長してきたYMワークスは、グループ店名義の参加を含めると1995年から継続してフレンチブルーミーティングに出店参加を行ってきました。

メイン看板とYMワークスブース。

メイン看板とYMワークスブース。

 

展示車両のご紹介

ルノー トラフィック

ルノー トラフィック  dci125 SPORT

ルノー トラフィック dci125 SPORT

YMワークスブースでの当日の一番人気は、正面に展示した「ルノー トラフィック」。実用性の高さもさることながら、「国産商用車では満足できない」という方々からのご相談を多数いただきました。

トラフィックに注目されている方は他の欧州製商用車である「フォードトランジット」、「プジョー トラベラー/シトロエン スペースツアラー」、「プジョー エキスパート」等のモデルも比較検討されている方が多いようです。一般のお客様以外にも出店しているフランス車関連の業者様からのご相談も少なくありません。

今回はお客様のご協力による展示ということもあり、相談された方の中には「お客様の生の声」で詳細な説明を受けられた方もいらっしゃいました。

【並行輸入車】ルノー トラフィックを徹底解説。2014年デビューの新型をイギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

LCVというジャンルの自動車をご存知ですか? LCVとはLight Commercial Vehicleの略称で、ヨーロッパでは車両総重量が3.5トンを下回る小型商用車全般がこのように呼ばれています...

フォード トランジットを並行輸入いたします。日本未販売の商用モデル、イギリス仕様の右ハンドル。

「欧州の生活を感じる一台」と言えば今回紹介するこの一台かも知れません。 フォード トランジット(Ford Transit)は欧州フォードが販売するフルサイズのバン型商用モデルです。欧州市場ではベスト...

【並行輸入車】プジョー トラベラーを徹底解説。イギリス仕様右ハンドルを並行輸入します。

2016年2月のスイス、ジュネーブショーで、LCV(Light Comercial Vehicle、小型商用車)をベースとした魅力的なミニバンが発表されました。プジョー/シトロエンのグループPSAとト...

新型シトロエン スペースツアラーの並行輸入の予約受付を開始します。気になる日本での販売、サイズ、エンジン、販売価格は?

シトロエンがラージミニバンを作ったらどんなクルマになるでしょう?「乗り心地ならフランス車」というフレーズから、きっと真っ先に浮かぶシトロエンとなれば、期待も膨らむのではないでしょうか!2016年春、欧...

プジョー エキスパート バン/コンビを解説、日本導入の可能性や並行輸入の情報も掲載。

プジョー エキスパートはプジョーが販売するLCV(Light Commercial Vehcle)で、プジョーが展開するミニバンのトラベラーのベースに当たる車です。この記事ではLCVならではの魅力を持...

コアカーズの商用車記事一覧はこちら

ルノー トウィンゴGT

ルノー トウィンゴGT

ルノー トウィンゴGT

もう一台の「ルノー トウィンゴGT」もまだ実車を見れる機会が少ないこともあってなかなかの人気。細かな部分をチェックするお客様の姿を何度も見かけました。

コンパクトカーなので右ハンドル化によるペダルレイアウト等を気にされている方もいらっしゃいましたが、リアエンジンのトウィンゴは弊害はほとんどないといっていいでしょう。

 

【並行輸入車】ルノー トゥインゴGTを徹底解説。イギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

クルマ好きならきっとワクワクする、面白そうなモデルがルノーから出てきました! 2016年6月に英国で開催された、格式あるモータースポーツイベント『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』にて、...

その他、アルファロメオ ジュリアやフォーカスRS Mk3等のご相談もいただきました。

※楽しみにされていた方には申し訳ありませんが、展示予定であった「シトロエン DS3 レーシング WRC仕様」は都合により持込みが出来ませんでした。

 

当日の様子

続々と集まるフランス車。

続々と集まるフランス車。

メイン会場を埋め尽くすフランス車。

メイン会場を埋め尽くすフランス車。

会場のクルマに目を向けると、心なしかプジョーが少なく感じられました(他の駐車場に分散しているのかもしれません)。シトロエンは新型C3の姿が良く見受けられましたし、新旧ルノー勢も例年並みといった感じです。

80-90年代に一世を風靡したクルマがその数を大きく減らしているのに対し、それ以前のDSや2CV、キャトル等が一定の数を維持しているのが印象的でした。

また、今回は悪天候のため2CVのクランクがけ競争等が中止になり、ビンゴ大会の時間が大幅に繰り上げられるといった事態も起きています。このような事は過去にほとんど例がなく、別の意味で記憶に残るFBM2017でした。

 

各種イベントでは輸入車に関するご相談を承っています

YMワークスでは各種イベント会場で並行輸入車のご購入相談、車検・整備・修理から各種チューニングのご相談を承っております。気になるモデル、お乗りのお車で気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

FBM2017当日にご相談をいただきましたお客様からのご連絡もお持ちしております。(ここをタップまたはクリック)

次の出展予定イベントは今週末の11月5日に愛知県西浦モータースポーツパークで開催される「第4回 ヨーロッパフォードミーティング 2017(Europe Ford Meeting 2017、通称EFM2017)」です。

【イベント案内】ヨーロッパフォードミーティングを2017年11月5日(日)に中部地区にて開催!

昨年、惜しまれながら日本市場から撤退したフォード。特にヨーロッパフォードが開発・生産してきたフォーカスやフィエスタ等のモデルは高い走行性能と優れたハンドリングで欧州の多くのファンを魅了してきました。 ...

 

※本記事は2017年11月2日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ