プジョー エキスパート バン/コンビを解説、日本導入の可能性や並行輸入の情報も掲載。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プジョー エキスパート

プジョー エキスパートはプジョーが販売するLCV(Light Commercial Vehcle)で、プジョーが展開するミニバンのトラベラーのベースに当たる車です。この記事ではLCVならではの魅力を持つエキスパートについて、貨物車としての用途が念頭に置かれたエキスパート バン、そして乗用にも対応できるエキスパート コンビの特徴について解説します。また、日本に並行輸入するための情報についてもお伝えします。

モデル概要

3代目となる現行のプジョー エキスパートはグループPSAとトヨタの共同開発車として2016年にデビューしました。プラットフォームにはグループPSAのEMP2が採用されており、兄弟車にシトロエン ディスパッチ、トヨタ プロエースがあります。エキスパート コンビに対するトラベラーのように、ディスパッチとプロエースにもそれぞれをベースにしたミニバン(シトロエン スペースツアラーとトヨタ プロエース ヴァーソ)がラインナップされているのも同様です。

乗用対応のエキスパート コンビにはグレードの区別がなく、全長の異なる3つのボディとシートの配列を目的に応じて組み合わせることができるようになっています。一方エキスパート バンは1列シートのパネルバン、2列シートのクルーバンの設定がありますが、欧州では業務用車として企業等が大口購入することもあり、より細かい仕様に区分されているのが特徴です。

ハイライト

エクステリア

コンパクト・スタンダード・ロングと3つのボディを用意

プジョー エキスパート バン/コンビのエクステリアは、まさに乗用ミニバンのトラベラーを商用車に仕立てた外観。プジョーの最新モデルに共通するヘッドライトの意匠が特徴的で、ひと目でプジョーと分かるフロントフェイスになっています。

ボデイの長さは、コンパクト(4,609mm)スタンダード(4,959mm)ロング(5,309mm)の3種類が用意されています。全幅は1,920mm(ミラー含まず)、全高はコンパクトが1,905mm、スタンダードとロングが1,895mm。ホイールベースはコンパクトが2,925mm、スタンダードとロングが3,275mmです。前後のオーバーハングを切り詰めることで積載性と取り回し性能の向上を図っています。

このクラスのLCVでホイールベースを短縮した全長4,600mmクラスのモデルはエキスパート バン/コンビとその兄弟車以外に存在せず、取り回しの良さが求められるシーンで活躍してくれます。最小回転半径はコンパクトが5.65m、スタンダードとロングが6.2mで、特にコンパクトはより小型のモデルで車体を延長する手法を取るライバルに対して優位性を持ちます。

プジョー エキスパート ロング

プジョー エキスパート バン ロング

プジョー エキスパート スタンダード

プジョー エキスパート バン スタンダード

インテリア

コンビでは必要に応じて取り外し可能な2列目・3列目シート

プジョー エキスパート バン/コンビのインテリアは、LCVとしての役割に徹したシンプルで実用的なものです。見やすいメーター周り、直感的に操作が分かるスイッチ類など過度な装飾はなくプロユースに適しています。シフトノブは、マニュアル・オートマチックともにフロアからではなくセンターコンソールに設置されており、前席のウォークスルーを容易にしています。

プジョー エキスパート インテリア

プジョー エキスパート インテリア

プジョー エキスパート フロントシート

プジョー エキスパート フロントシート

シートですが、エキスパート コンビでは標準では運転席と助手席が独立したフロント2席となり、1:2で3名乗車可能なシートも無料で選択可能です。脱着可能な2列目・3列目シートは共にオプション扱いとなります。フロントにベンチシートを選択し3列目までのシートを装備すると、最大で9名乗車を可能とします。

まとめると、標準(オプションなし)では2名または3名乗車となり、オプションで2-3、3-3、2-3-3、3-3-3のシートレイアウトを選ぶことができます。

荷室容量は、シートの有無とボディの長さによって最小140L(コンパクト・3列目シート有)から最大4,554L(ロング・フロントシートのみ)。必要に応じてシートを取り外すことで、最大限の積載容量を確保することが可能です。ちなみに最大積載重量は約1,400kgとなります。

プジョー エキスパート コンビ インテリア

プジョー エキスパート コンビ インテリア

プジョー エキスパート コンビ インテリア

プジョー エキスパート コンビ インテリア

 

パワートレイン

最新のBlueHDiディーゼルエンジンを採用

プジョー エキスパート コンビ パワートレイン

プジョー エキスパート コンビ パワートレイン

エキスパート バン/コンビに搭載されるエンジンは、BlueHDiと呼ばれるグループPSAの最新ディーゼルエンジンです。ミニバンのトラベラーと同様、出力の異なる3種類の1.6Lと2.0L、合計4種類のエンジンがあり、ボディの長さで選べるエンジンが決まっています。

ミッションは5速マニュアル(5MT)、6速マニュアル(6MT)、ETG6 piloted manual(ETG6)と呼ばれるセミオートマ、6速オートマチック(6AT)の3種類がありますが、これらはエンジンに紐づいています。

まず1.6Lの3種類ですが、95ps/210Nm/5MTはコンパクトのみで選べます。95ps/240Nm/ETG6はコンパクトとスタンダード、115ps/300Nm/6MTは3つすべてのボディ長で選ぶことができます。2.0Lの180ps/400Nm/6ATはロングのみで選択可能です。

駆動方式は全車FWDのみで、95ps/210Nm以外のエンジンにはStop & Start system(アイドリングストップ)が装備されています。

 

サスペンション

驚くほど乗用車的なドライブフィール

プジョー エキスパート バン/コンビのサスペンションは、フロントにマクファーソンストラットが、リアに変形トレーリングアーム(プジョーはoblique wishboneと呼称しています)が採用されています。

LCVの宿命で積載重量の変化が挙げられますが、1トン以上の重量増減に十分対応できる足回りとなっています。それだけに留まらず、EMP2プラットフォームによる恩恵と適度に重さを感じるステアリング特性によって、ヨーロッパで「驚くほど乗用車ライク」と言われるほどの快適なドライブフィールが味わえます。

ヘビーデューティーな用途に対してはDANGEL社が提供する4輪駆動システムも用意されています。

プジョー エキスパート

プジョー エキスパート

 

参考スペック

プジョー エキスパート コンビ ロング(180ps)


寸   法  ▶︎全長x全幅x全高 = 5,309 x 1,920 x 1,895 mm
             ホイールベース:3,275mm  トレッド:前/後 1,627mm/1,600mm
エンジン▶︎BlueHDiディーゼルターボ
     1,997cc   180ps/3,750rpm   400Nm/2,000rpm
駆動方式▶︎FWD(前輪駆動)6速オートマチック
懸架装置▶︎前:マクファーソンストラット
              後:マクファーソンストラット
ブレーキ▶︎前:ベンチレーテッドディスク   後:ディスク
タイヤ   ▶︎前:225/55 R17   後:225/55 R17
燃料容量▶︎70L 車両重量:-kg   最高速度:170.6km/h   0-100km/h加速:11秒
燃   費   ▶︎16.95km/L(欧州複合基準)  -m/L(JC08モード日本仕様参考値)
価  格    ▶︎31,100ポンド(イギリス仕様車)

※その他の仕様のスペック詳細はカタログ情報(関連リンク)をご覧ください

 

ライバルモデル

日本で商用車と言えば、トヨタ ハイエースや日産 キャラバンがメジャーですが、海外メーカーもたくさんの商用車をラインナップしています。プジョー エキスパート バン/コンビと同じLCVカテゴリにおいて欧州でメジャーな車は、VW トランスポーター、ルノー トラフィック、オペル/ヴォクスホール ヴィヴァーロ、フォード トランジット カスタムなどがあります。

VW トランスポーターはT6と呼ばれる第6世代が現行型で、1列シートのパネルバン、2列シートのコンビ、最大4列9人乗りのシャトルなどユーザーのニーズに幅広く対応しています。フォルクスワーゲンらしい直線基調のフォルム、ドイツ車らしい固めの足回りなどが特徴です。

【並行輸入車】フォルクスワーゲン トランスポーター T6のカラベルを徹底解説。ガソリン仕様2ペダルで並行輸入します。

フォルクスワーゲン トランスポーター(Volkswagen Transporter)は、フォルクスワーゲンの伝統的な商用車ですが、中でもドイツやフランスではマルチバン(Multivan)、イギリスでは...

ルノー トラフィックは、オペル/ヴォクスホールにヴィヴァーロ、フィアットにはタレント、欧州日産にはNV300としてOEM供給されていることからも分かる通り、欧州LCVカテゴリで人気トップクラスの車です。4,999mmと5,399mm、2種類のボディがあり、積載性能をはじめとする高い実用性が人気につながっています。

【並行輸入車】ルノー トラフィックを徹底解説。2014年デビューの新型をイギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

LCVというジャンルの自動車をご存知ですか? LCVとはLight Commercial Vehicleの略称で、ヨーロッパでは車両総重量が3.5トンを下回る小型商用車全般がこのように呼ばれています...

フォード トランジットカスタム

フォード トランジットカスタム

フォード トランジット カスタムは欧州フォードが販売するフルサイズ商用バン「トランジット」を一回り小さくしたLCVです。欧州において、プロが選ぶフルサイズ商用バンNo.1であるトランジットの弟分なだけあって、実用性はもちろんのこと乗用車ライクな快適性も折り紙付き。乗用ミニバンのトルネオ カスタムのベースになっていることからも基本性能の高さが伺えます。

これらのライバルと比較して、プジョー エキスパート バン/コンビは最も最近デビューしたモデルであり、グループPSAとトヨタが共同開発した3つのボディ長を持つLCVであることが特徴です。他のLCVも2種類の長さを設定している車種は多いですが、小さいものでも軒並み約5,000mmの全長を持つことから、特に4,609mmのコンパクトは異彩を放っています。またコンビでは2列目・3列目シートを必要に応じて完全に取り外すことができるのも、様々なシーンに対応する優位性と言えるでしょう。

兄弟車であるシトロエン ディスパッチバン・トヨタ プロエースとの違いですが、フロントのデザインが異なるほか、エンジンや組み合わされるトランスミッションに若干の違いがあります。ただ使い勝手や性能はほぼ同じですので、デザインの好みで決めてしまっても良いでしょう。

 

バイヤーズガイド

プジョー エキスパート バン/コンビは実用性重視のLCVなので、使用目的によって自分だけの1台にカスタマイズすることが醍醐味です。シート構成に関しては、コンビの2列目・3列目はすべて取り外すことができるので、後から追加することができないため基本的にコンビの3列をおすすめします。ボディの長さは積み込む荷物や乗車人数によって好みでお選びください。もし商用として用途が固定されているならばエキスパート バンを、ミニバンとしての快適性を重視する場合は乗用のプジョー トラベラーがおすすめです。

プジョー エキスパート バン/コンビは、ハイエース・バンやキャラバンでは飽き足らず、個性的で人と被らない商用バンをお探しの方にこそおすすめした1台です。フランス車らしいお洒落な雰囲気が味わえますので、ぜひボディカラーにもこだわっていただきたいと思います。

プジョー エキスパート

プジョー エキスパート

 

2017年現在のプジョー エキスパート バン/コンビ日本導入の可能性

日本では、プジョー・シトロエン・ジャポンがプジョーの輸入販売を正式に行っていますが、現在のところエキスパート バン/コンビはおろか、乗用ミニバンのトラベラーもラインナップされていません。他のメーカーを見回してみても商用車を日本で正規ラインナップに挙げているメーカーはほとんど見当たりません。

こういった事実から、プジョー エキスパート バン/コンビが日本で正規販売される可能性は残念ながら極めて低いでしょう。

 

並行輸入という選択肢

日本市場に正規輸入されていないモデルも、並行輸入を行えば日本で所有できます。

一例としてコアカーズを運営する並行輸入車販売店のYMワークスでは、最新の為替レートを反映したプジョー エキスパート コンビ ロング (180ps – AUTOMATIC)の乗り出し価格を案内しています。下記表では最新の為替レートに基づいた価格を表示しています。

  • 車名
  • 2年保証付き
    国内乗り出し価格目安

  • (税込・諸費用込)

国内乗り出し価格目安は、ご覧の時点での為替レートにて算出しております。 金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスをお願いします。

また並行輸入に関しては、関連記事も併せてご覧ください。

並行輸入車とは?正規輸入車との区別や具体的ケースを解説

「並行輸入車」というキーワードはコアカーズをはじめ、多くの自動車関連メディアでしばしば採り上げられています。しかし、並行輸入車とは何なのか、わかりやすい説明はあまり見かけません。 この記事では、並行...

車両詳細画像ギャラリー

関連リンク

カタログダウンロードページ

現地法人公式サイト・コンフィギュレーター

※本記事は2017年10月31日時点の情報を元に作成しております。最新の情報に関しては直接ご連絡にてご確認ください。また、記載情報の誤りがある場合はお知らせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

並行輸入・逆輸入・輸入代行に関する無料相談

コアカーズを運営するYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルの欧州車の新車をはじめ、海外市場で流通する高年式中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。もちろんディーゼル、左ハンドル、逆輸入車、ラリーカーやクラシックカーなど、メーカーを問わず幅広くお取り扱いしています。こだわりのモデルやクルマがある方は、まずはご希望をお聞かせください。安心の保証制度と全国規模の整備ネットワークでこだわり輸入車ライフをサポートします


自動車輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

おすすめの関連記事

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ