【並行輸入車】ルノー カジャールを徹底解説。日産 キャシュカイの兄弟のSUVを、イギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルノー カジャール

Kadjarと書いて「カジャール」。フランス語の「quad=クワド:全地形対応車」「agile=アジル:機敏」「jaillir=ジャール:弾む」 などの単語をかけあわせた造語だそうですが、だとしたら「Quadjar」となるべきところを「Kadjar」としたのは、読みやすさを重視したからでしょう。音の響きからアフリカや中東のどこかの都市のようで、広大な砂漠などのイメージも広がり、このクルマに合ったネーミングに思えます。

ルノー カジャール エンブレム

ルノー カジャール エンブレム

ルノー カジャール(Renault Kadjar)は、2015年に新しくデビューしたクロスオーバータイプのニューモデルです。サイズ的にはクリオ(Renault Clio)のクロスオーバー版であるキャプチャー(Captur)よりも大きい、Cセグメントに近いモデルです。ちょっとした街乗りから、家族や仲間と道具をたくさん積んで遊びに出かけたりするのにほどよいサイズで、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、日本への正規輸入が行われていないカジャールについて徹底解説します。イギリス仕様・右ハンドルモデルを並行輸入して、いち早く日本で乗ってみませんか?

ルノーのラインアップに新登場のクロスオーバー

ルノー カジャール

ルノー カジャール

イギリス仕様をベースにモデル概要のご紹介から始めましょう。

全長4,449mm×1,836mmの手頃なサイズに、1.2L/130hpのガソリンターボ、あるいは1.5L/110hpか1.6L/130hpのディーゼルターボを搭載。これに6速MTか、デュアルクラッチ式のEDCが組み合わされます。駆動方式はFFがメインで、ディーゼル130hpバージョンには4WDモデルが用意されています。なお、4WDモデルは6MTのみとなるなど細かな設定がありますが、それに関しては後述の項目でご案内します。

ご存じの方も多いと思いますが、このカジャールはニッサンがヨーロッパで販売しているキャシュカイ(Nissan Qashqai)との共同開発モデルです。また、キャシュカイには共通設計部分が多いモデルとしてエクストレイルがあり、こちらは日本国内でも販売されています。カジャールのサイズはキャシュカイよりは少し大きめですので、エクストレイルをひとまわり小さくした感じを思い浮かべていただくとよいでしょう。

共同開発といっても、カジャールとキャシュカイで同じなのは基本的にプラットフォームとエンジンです。コンポーネントの約40%、ボディのアウターパネルにいたっては95%がオリジナルとなっており、そのデザインはルノーそのものです。もちろん乗り味にも、日産とは違うルノーらしい味付けが期待できます。

ルノー カジャール コマーシャル(約62秒)

現代のルノーを象徴するグラマラスなデザイン

ルノー カジャール

ルノー カジャール

ルノーの菱形マークを中心に据えたフロントグリル、そこから左右のヘッドライトに伸びるモール、それらフロントとの連動性を感じさせるテールまわりのデザイン処理、グラマラスなサイドシル上のくびれや、4つのタイヤに力感をもたらすボリューミーなフェンダーなど、最近のルノーの各モデルに共通する“文法”があちこちに見て取れます。

ヘッドライトには、全体を縁取るように「コ」の字型のLEDライトが添えられています。このデザイン処理は、主力車種のメガーヌ(Renault Megane)にも見られ、これからのルノー各モデルの共通したデザインアイコンになっていくようです。

さらにオーバーフェンダー風に大きく縁取られたホイールアーチ、ボディの前後のアンダーガードなどが、スポーティさを演出しています。

 

座り心地のよいシートと広々としたラゲッジスペース

ルノー カジャール ラゲッジスペース

ルノー カジャール ラゲッジスペース

室内は5人の大人が余裕をもって乗車できるだけの広さがあり、その上で 527L(VDA測定方式)のラゲッジスペースが確保されています。

収容量を増やしたいときは、ハンドルのボタンをプッシュすることで 40:60可倒式のリアの背もたれが倒れ、最大で1,478Lまで広げることができます。また、コンソールやドアポケットを中心に複数の小物入れが設けられ、それらすべてを合わせると30Lになります。

シートはルノーらしくたっぷりとしたサイズで座り心地もよく、長距離ドライブでの疲れを最小限に抑えてくれそうです。フロンシートのサイドの張り出しも適切で、不整地などでもしっかりと体をサポートしてくれます。シートのトリムは黒のファブリックを基本に、最上位グレードでは本革内装が選べます。

ルノー カジャール インテリア

ルノー カジャール インテリア

メーターパネルには最新のモデルらしくTFT液晶パネルを採用しています。大きなセンターメータの両脇に、小さなサブメーターが置かれた変形の3眼タイプで、こちらもルノーの他のモデルにならったデザインです。ダッシュボードまわりもソフトな素材が多用され、見た目だけでなく触り心地にもこだわって仕上げられています。

 

 

ルノー カジャール インテリア解説(約2分55秒)

 

最新ITによる先進装備が充実

カジャールには最新の電子デバイスが豊富に盛り込まれています。

走行レーンからのはみ出しや、道路標識の速度制限を監視してアラートを発したり、ヘッドライトのハイ/ローを自動で切り替えるビジオシステムをはじめ、自動で縦列駐車を行うハンズフリーパーキング、走行中に死角になりやすい斜め後方を監視するブラインドスポットウォーニング、緊急時のブレーキの効きをアシストするアクティブエマージェンシーブレーキなども用意されています。

こうした最新デバイスには、日産の技術が活きているといえるでしょう。

 

長距離でこそ真価を発揮する足回り

ルノー カジャール

ルノー カジャール

フロントサスペンションはマクファーソンストラット、リアサスペンションは2WDがトーションビーム、4WDではマルチリンクを採用しています。ホイールは16インチを基本として、上位モデルでは17インチ、19インチも選択できます。

ルノーは昔から乗り心地をクルマ全体でチューニングするのが上手なメーカーでした。サスペンション単体で乗り心地を作るのではなく、シャシーの剛性やシートのクッション性、さらにエンジンの出力特性なども、快適さを感じるようにトータルで調整していると言われています。そのため、乗れば乗るほど、走れば走るほど、クルマ全体で乗る人をやさしく包み込むような乗り心地が感じられ、それがルノーの大きな魅力のひとつとなっています。

今回、シャシーはキャシュカイとの共同開発ですが、ルノー独自で大幅に手を加えており、その独特の乗り心地やテイストはこのカジャールにも息づいていそうです。

 

エンジンはガソリン1種類、ディーゼル2種類

ルノー カジャール エンジンルーム

ルノー カジャール エンジンルーム

カジャールには、日産 キャシュカイパルサー、メガーヌ(Renault Megane)にも搭載される、3種類のエンジンが用意されています。

ガソリンエンジンは直列4気筒・直噴1.2Lターボエンジンの TCe 130。130hpのパワーと205Nmのトルクを発揮します。基本設計はクリオ エステートに搭載されているものと同じですが、チューニングが異なり、よりパワフルな設定となっています。最近のターボエンジンらしく、最大トルクが2,000回転で得られる低回転・フラットトルク型のエンジンで、荷物を満載しても粘り強く走ってくれそうです。

ディーゼルエンジンは1.5Lと1.6Lの2タイプ。1.5Lは4気筒8バルブ、コモンレール方式の直噴ターボのdCi 110。同じくクリオ エステートや、グランカングーにも搭載されている、熟成の進んだK9K型エンジンで、110hpのパワーと260Nm(EDCモデルは250Nm)のトルクを発揮します。1.6Lは新世代の4気筒16バルブのコモンレール方式直噴ターボのdCi 130です。こちらはトラフィックエスパスなど、より大きな車体を持つモデルで採用されているエンジンです。130hpと320Nmを発揮します。4WDモデルを選ぶ場合このエンジンのみとなります。

The 130とdCi 110は、6MTとEDCを選択可能。その際、TCeのEDCは7速、dCiは6速となります。dCi 130は2WD、4WD共に6速MTのみの設定です。4WDは日産譲りの電子制御システムで、必要に応じて前輪駆動モード、フルタイム4WDモード、LOCKモードの3つを切り替えられます。LOCKモードは40km/h以内での悪路走行に特化したモードで、前後の駆動力を50:50に配分して擬似デフロックとすることで、高い走破性を持ちます。

このあたりの細かな設定の違いが、仕様決定のポイントとなりそうです。

 

最高で26.3km/Lの優れた燃費

ルノー カジャール

ルノー カジャール

欧州複合基準による燃費では、TCe 130エンジンと6速MTの組み合わせで 17.9km/L、7速EDCは17.2km/Lとなっています。ディーゼルエンジンのdCi 110は6MTも6速EDCも26.3km/L、dCi 130は2WDが23.2km/Lで、4WDが20.8km/Lです。

燃費で選ぶならディーゼルのdCi 110エンジン、軽快なレスポンスで選ぶならガソリンのTCe 130、燃費とパワーを両立させるならdCi 130エンジン、というチョイスとなりそうです。燃料タンク容量は55Lで、4WDのみ65Lとなります。

 

心地よさのルノーと技術の日産の“いいとこ取り”

振り返れば、ルノーがニッサンを傘下に収めたのが1999年。あれから年月が経ち、両社のアライアンスもより緊密になっています。ルノーがこれまで培った本質的なクルマづくりの技術、ニッサンが持つ信頼性や先進技術など、それぞれの良さを兼ね備えたクルマづくりが進んでいるように見えます。

そのひとつが今、ニッサンではキャシュカイに、そしてルノーではカジャールに、それぞれ結実しました。シャシーやエンジンなどの骨格は共有しながらも、ルノー開発陣がコンポーネントやデザインを大幅に変更し、“ルノーのクロスオーバー”として仕立てられています。

乗ってみるときっと、ルノーらしい骨太な操縦性、乗員に優しい乗り心地が感じられるはずです。そして乗るにつれ、最新IT技術による自動機能や優れた信頼性、日常的な使い勝手の良さなどに安心感や満足感を感じるのではないでしょうか。つまり、両社のアライアンスによって、ルノーは新たな魅力を手に入れたといえます。

日常の生活から遊びまで使い勝手の良い一台が欲しい。装備や機能はモダンで便利なほうがいい。もちろん、走りのテイストにもこだわりたい。そんな欲ばりなニーズにも、このカジャールだったらきっと応えてくれるでしょう。

ルノー カジャール

ルノー カジャール

 

実力車ぞくぞく、その中でカジャールのアドバンテージは?

アウディ Q2

アウディ Q2

カジャールは共同開発のキャシュカイに比べて、およそ£2,000(約40万円)低い価格帯となっており、そのカジュアルさから欧州でも人気を集めています。

カジャールのように個性的かつ現代的で、クロスオーバーあるいはそれに近い機能を持つモデルというと、プジョー 2008や3008(Peugeot 2008、3008)、シトロエン C3 ピカソ(Citroen C3 Picasso)C4 カクタス(、C4 Cactus)、アウディ Q2やQ3、ボルボ V40やV60 クロスカントリー(Volvo V40 Crosscountry、V60 Crosscountry)などが挙げられます。

MG GS

MG GS

さらに、再興したMG GSや、シュコダ イエティ(Skoda Yeti)セアト アテカ(Seat Ateca)、さらにルノーグループのダチア ダスター(Dacia Duster)など、より個性的なメーカーのモデルも控えています。

こうした中で、手頃で使いやすいサイズ、走りのテイストや個性、充実の先進装備、メカの信頼性、そして選びやすい価格帯といったことをポイントに選ぶと、カジャールが優位になってくるのではないでしょうか。

なによりも、ルノーならではのあのホッとする快適さがたまらない、そんな人にはおすすめです。

 

カジャールの主な装備

カジャールのグレードは、エクスプレシオン、ディナミク、シグネチャーという主に3グレードから構成され、ディナミクとシグネチャーには装備が充実した派生グレードのディナミクSとシグネチャーSが存在します。近年の欧州車らしく、いずれのグレードでも標準装備は非常に充実しています。

ベースとなるエクスプレシオンで、すでにEBD(エレクトロ&エマージェンシーブレーキアシスト機能)付きABSや5点エアバッグ、エアコン、フォグランプ、TFT液晶メーターといった装備がそろっています。

中間グレードのディナミクでは、エクスプレシオンに対してルーフレールやオートエアコン、7インチタッチスクリーンが追加され、ディナミクSではパーキングセンサーや19インチホイールも追加されます。

最上級グレードのシグネチャーでは、LEDヘッドライトやパノラマサンルーフ(固定ガラス)が加わり、シグネチャーSになるとブラックレザーシートやハンズフリーパーキングも装備されます。

 

ルノー カジャールのベストバイはディナミク

装備内容と価格のバランスを考えると、ディナミクでも不足を感じることはありません。あとはお好みで、上位グレードを選ぶことをおすすめします。

 

駆動方式は、2WDならば軽快な走りが好きならTCiガソリンエンジンも、遠出が多い場合に燃費を重視したdCi 110ディーゼルエンジンも選べます。ヘビーデューディに使いたい場合や雪の多いところにお住まいの方は、dCi 130 + 4WDというチョイスもおすすめです。

ルノー カジャール

ルノー カジャール

ルノー カジャール プロモーション ショートムービー(約3分13秒)

注目の並行輸入、日本国内での乗り出し価格は?

ルノー カジャールは、おすすめグレードのディナミクに、dCi 110と6速EDCの組み合わせで、イギリス仕様右ハンドルが23,295ポンドです。並行輸入した場合の日本国内での乗り出し価格は、諸経費込で、420-450万円(2016年8月1日為替レート1ポンド134円にて計算)くらいになりそうです。

ルノー カジャールは、日本では正規輸入されていないので、入手するには並行輸入が現実的な方法です。

 

国内乗り出し価格の目安:(税金・諸費用込)

※表示金額はご覧になっている時点での為替レートにて算出しております。
※輸入国からの輸送料、各種税金、検査費用、登録諸費、納車費用(大阪近郊)は全て含まれています。
※正式なお見積り、遠方への納車費用など、改めてご提示いたしますのでお問い合わせください。

金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスしてください。

 

ルノー カジャールの主なスペック

スペックの詳細は、「+」ボタンクリックで表示されます。

ルノー カジャール ディナミク dCi 110 ENERGY 6EDC
車名 ルノー カジャール  / Renault KADJAR
サンプルグレード Dynamique Nav dCi 110 Auto EDC
英国販売価格 £23,295
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー グラシエ ホワイト
アークティック ホワイト(OP)
マーキュリー(OP)
デューン(OP)
ダイアモンド ブラック(OP)
チタニウム(OP)
フレーム レッド(OP)
コスモス ブルー(OP)
※OP:オプション設定
全長x全幅x全高 4,449× 1,836 × 1,613 mm (ルーフレール含む)
ホイールベース 2,649 mm
トレッド(前/後) 1,556 mm / 1,542 mm
車両重量(乾燥) 1,407 kg
乗車定員 5名
トランスミッション 6速EDC(デュアルクラッチトランスミッション)
エンジンタイプ 水冷直列4気筒 コモンレール直噴ターボディーゼル
総排気量/内径x行程 1,461cc / 76.0 × 80.5 mm
圧縮比  –
最高出力 110hp/4000 rpm
最大トルク 250Nm/1750 rpm
燃料タンク容量 55L
燃費 26.3 km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ディスク/ディスク
タイヤ/ホイール 215/65 R17
最高速度 約181km/h
0-100km/h加速 約11.7秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。

車両詳細画像ギャラリー

 

ルノー カジャールをもっと知りたい方はこちら

並行輸入の新車・中古車に関する無料相談

コアカーズを運営する大阪のYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルや欧州仕様車、限定モデルの新車をはじめ、海外市場で流通する中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。気になるモデルやクルマがある方は、メーカー問わず、お気軽にご相談ください。もちろん、正規輸入車も幅広くお取り扱いしています。


並行輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ