【並行輸入車】フォルクスワーゲン ゴルフSV を徹底解説。ゴルフ プラス後継モデルをイギリス仕様右ハンドルで並行輸入します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン ゴルフSV

日本でも馴染み深いフォルクスワーゲンの中にも、日本に正規輸入されていない車種が意外とたくさんあります。今回紹介するフォルクスワーゲン ゴルフ SV(Volkswagen Golf SV)も、そんな1台です。

ゴルフ SVは、日本にも以前導入されていたゴルフ プラス(Golf Plus)の後継車に当たります。簡単に言うと、ゴルフを少し長く、高くして居住性と積載性を高めた車で、いわゆるMPV(Multi Purpose Vehicle=多目的車両)にも分類できるモデルです。MPVといえばミニバンが連想されますが、ゴルフSVは「3列シートで6人以上が乗れるミニバンほどの大きさは要らないけれど、ゴルフよりも空間のゆとりが欲しい…」そんなニーズに向けたフォルクスワーゲンの回答と言えるでしょう。

今回はそんなゴルフ SVを徹底解説します。使い勝手に優れた英国仕様右ハンドルを、お好みの仕様で並行輸入してみませんか?

VW ゴルフ SVの特徴

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフ SVの販売開始は、ゴルフの7代目へのモデルチェンジから遅れること1年半後の2014年5月のことです。「SV」は日本では「スーパーヴァン」の略と紹介されることもあるようですが、正しくは「Sportsvan」の略です。ゴルフVIIから採用されているMQBプラットフォームは、このゴルフ SVにも採用されており、例えばセアト アテカシュコダ オクタビアとも兄弟車となります。

ゴルフ SVは、主に装備の違いから5つのグレードに分かれています。廉価な方から「S」「BlueMotion」「SE BlueMotion」「SE」「GT」といった具合です。エンジンは、ガソリン4種、ディーゼル2種が用意され、組み合わされるトランスミッションもエンジンによって5MT、6MT、6DSG、7DSGの4種類があります。ニーズに応じて色々な構成が用意されているのも、ベースとなるゴルフと共通です。

フォルクスワーゲン ゴルフSV プロモーション動画(約1分)

エクステリア

フォルクスワーゲンらしいかっちりとしたデザイン

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフSV

ゴルフVIIの派生車とも言えるゴルフ SVも、ひと目でフォルクスワーゲン、またゴルフファミリーの一員で分かるデザインとなっています。ボディサイズはゴルフの全長x全幅x全高が4,265×1,800×1,460mmに対し、ゴルフ SVのそれは4,434×1,807×1,578mm。長さで169mm、幅はわずか7mm、高さが118mm、ホイールベースは50mm、それぞれ大きくなっています。数値にするとあまり実感が湧きませんが、この差が居住性能に直結しています。

フロントフェイスだけを切り取ってみると、その印象はゴルフそのものですが、よく見ると歴然と差があります。エンブレムを横切るフロントグリルの大きさと形状、さらにフロントバンパーの意匠も異なります。ボンネットも厚みを増し、ミニバンのようなシルエットとなりました。

リアは角度を立たせ、ガラス面も大きくなっています。サイドのガラスも広く取ってあり、開放的な雰囲気と同時に視認性を高めています。

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフSV

「S」は15インチのスチールホイール、「BlueMotion」は15インチ、「SE BlueMotion」「SE」は16インチ、「GT」は17インチのアルミホイールが標準装備です。「GT」のみ、800ポンドのオプションで18インチを選択することもできます。

他にもグレードによってフロントグリルにも違いを持たせてあります。また、「BlueMotion」系はルーフレールがなく、その他のグレードには標準装備されます。ルーフレールの省略は空気抵抗の低減のために行われており、同じような取り組みはフォルクスワーゲン キャディ ライフでも行われています。

 

インテリア

上質で落ち着いた雰囲気が持ち味

フォルクスワーゲン ゴルフSV インテリア

フォルクスワーゲン ゴルフSV インテリア

ゴルフ SVのインテリアは、人間工学に基いて設計された実用的なものです。またフォルクスワーゲンらしく、トリムの継ぎ目が均一で、スイッチ類の操作感も上質。緻密で落ち着いた雰囲気が持ち味です。

ステアリングは全車チルト&テレスコピック付きで、「SE BlueMotion」「SE」はマルチファンクションコントロール付の本革巻きステアリングに、「GT」のDSG車では、さらにパドルシフトが追加されます。

運転席と助手席は、全グレードで高さ調節が可能です。シート素材はグレードによって分けられ、上級グレードほど高級感のあるものになっています。「SE BlueMotion」「SE」「GT」は有償オプションで本革シートも選べます。

フォルクスワーゲン ゴルフSV リアシート

フォルクスワーゲン ゴルフSV リアシート

リアシートは全車で前後にスライド可能。背もたれ部分は40:20:40の分割可倒式です。背もたれを倒すと荷室の床とほぼフラットになり、積載性は抜群です。通常時で500L、リアシートを前にスライドさせると590L、リアの背もたれを倒せば1,520Lの荷室容量となります。オプションでフロントシートバックの折りたたみ機能を追加すると、最長2.48mの長尺物を積み込むことも可能です。

エアコンは、全車マニュアルエアコンが標準となっています。「SE BlueMotion」「SE」「GT」の3グレードでは、オプションでデュアルゾーンコントロールのオートエアコンを選べます。

また「GT」以外はドアミラーが電動格納式ではありません。後退時に自動で角度が変わり見やすくなる機能とセットで100ポンドという価格設定なので、「GT」以外のグレードにはおすすめのオプションです。

 

パワートレイン

6種類の豊富なエンジンラインナップ

上で触れたとおり、ゴルフ SVには4種類のガソリン、2種類のディーゼル、計6種類のエンジンがあります。

フォルクスワーゲン ゴルフSV エンジンルーム

フォルクスワーゲン ゴルフSV エンジンルーム

【ガソリン(TSI)】

  • 1.0L 115ps/148Nm 6MT&7DSG
  • 1.2L 85ps/118Nm 5MT
  • 1.4L 125ps/148Nm  6MT&7DSG
  • 1.4L 150ps/184Nm 6MT&7DSG

【ディーゼル(TDI)】

  • 1.6L 110ps/250Nm 5MT&7DSG
  • 2.0L 150ps/340Nm 6MT&6DSG

すべてのエンジンが直噴ターボとなっており、ガソリンはTSI、ディーゼルはTDIと呼ばれます。また1.0 TSIのみが直列3気筒で、それ以外はすべて直列4気筒エンジンです。

エンジンはグレードごとに紐づけられており、たとえば出力の小さな1.2 TSIはエントリーグレードの「S」専用、150psと高出力仕様の1.4 TSIはスポーティーグレードの「GT」専用となっています。中でも特に1.0 TSIは「SE BlueMotion」のみで選択可能な特別なエンジンです。このエンジンはゴルフ マッチ ブルーモーション エディションにも設定されており、各種抵抗の低減や軽量化などとあわせて、経済性の良さのみならず走りも楽しめるモデルとして位置づけられています。

どのエンジンも低回転から広い回転域で最大トルクを発揮する特性となっており、街中での使い勝手を重視しています。積極的に高いギアを選択するDSGでは燃費も優秀ですが、ヨーロッパ市場らしく、すべてのエンジンで意のままに駆ることができるMTの選択肢も用意されています。

 

足回り

グレードに応じて複数の構成を用意

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフSV

ファミリーユースを想定したゴルフ SVは、スポーツカーのように振り回して楽しむ車でこそありませんが、その走行安定性は実用車として高いレベルにあります。MQBプラットフォームによる剛性感の高いボディは、足回りがしっかりと動きスムーズな乗り心地を実現しています。

フロントサスペンションはマクファーソン・ストラットが採用されています。リアサスペンションの構造はエンジン仕様によって変更されており、125ps以上のモデルではリアにマルチリンクサスペンションが採用され、後席にも快適な乗り心地を提供します。低出力のモデルではリアはトーションビームとなりますが、軽量かつ高剛性の足回りは、フォルクスワーゲンらしい乗り味を実現しています。また「GT」では15mm最低地上高が下げられたスポーツサスペンションが採用されています。

 

経済性

日常使いに適した高い経済性

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフSV

エンジンの項でも触れた通り、ゴルフ SVは優れた燃費性能を誇っています。

たとえば1.4 TSI 125psに7DSGとの組み合わせならば、欧州複合モード燃費で約18.2km/Lという低燃費。1,400-4,000rpmという幅広い回転数で最大トルクを発揮するので、低回転で高いギアを保ち、市街地でも快適なクルージングを行います。日本では排気量が1.4Lなので自動車税の負担も少なめなのも魅力的です。

またディーゼルモデルならば、1.6 TDIで約23.3km/Lという低燃費を誇ります。ただディーゼルモデルの方が同一グレードで比較するとどうしても価格は高くなりがちなので、燃費だけを理由に選ぶよりも、ディーゼルのトルク感や燃費の良さによる航続距離の長さを重視される方におすすめします。

 

装備とオプション

各種サポートや大型サンルーフの設定も

ゴルフ SVにはオートエアコンなど既出のもの以外にも、多くのオプションの設定があります。例えばコーナリングランプ機能の付いたフォグランプとリアプライバシーガラスはGTのみに標準ですが、フォグランプはその他のグレードで245ポンドのオプション。プライバシーガラスはSE BlueMotionとSEの2グレードで220ポンドのオプションとして選択し、差を埋めることができます。ヘッドライトは全車デイライト付きのハロゲンタイプですが、こちらも820ポンドからのオプションでバイキセノンにすることも可能です。

他にもおすすめグレードのSEに設定があるものについて、注目のオプションをピックアップしてみましょう。

860ポンドのレーンアシストは、ステアリングを補正するレーンキープサポートに加えて、斜め後ろの死角をカバーするドアミラー警告機能などがセットになっています。また715ポンドのパーキングアシストは、前後のパーキングセンサーに加え、縦列やバック駐車のステアリング操作をアシストします。これらのアシスト機能は、やや車高が高く死角が生まれがちなMPVでは、特に便利なオプションです。

995ポンドのパノラミックサンルーフは後部座席まで一体になった大型サンルーフとなっており、電動スライド&チルトに加え、日本では重要なブラインドも付いています。ライバルに比べると、ときにビジネスライクな印象を与えるフォルクスワーゲンのモデルですが、大型のサンルーフは室内にちょっとした彩りや非日常感を加えてくれることでしょう。

ゴルフ SVには他にも魅力的なオプションがたくさん用意されています。並行輸入ならば選択が自由な細かいオプションで、お好みの1台に仕上げてみてはいかがでしょうか?

 

総評

ワンランク上の空間を持つCセグメントをお探しの方におすすめの1台

限られた全長・全幅で大人4人、ときに5人が快適に過ごすために、全高を上げて室内空間を確保するのは有意義なパッケージングです。軽自動車というタテ・ヨコに制約のある規格を持つ日本はこの分野で特に積極的な開発を行っており、たとえばスズキ ワゴンRは、あのマルチェロ・ガンディーニがパッケージングを絶賛して愛車としていることでも知られています。また小型車(5ナンバー)でも、ホンダ フィットや日産 ノートを町で見かけない日はありません。しかし一方で日本車の場合、普通車(3ナンバー)のボディサイズとなると、途端にこのようなパッケージングのモデルを見かけなくなってしまいます。大は小を兼ねるという発想からか、それ以上のサイズは3列シートのミニバンが選ばれてしまうのかもしれません。

ゴルフ SVは、日本車的な実用性・経済性を持ち、また日本車では得難いCセグメントならではの余裕あるボディサイズと、フォルクスワーゲンらしい上質さを併せ持った車です。ゴルフという、このクラスの世界的ベンチマークの兄弟車ですから、信頼性や性能もお墨付き。ゴルフは良いクルマだけれども、もっと室内スペースを…と考えられていた方に、ぜひおすすめしたい1台です。

フォルクスワーゲン ゴルフSV

フォルクスワーゲン ゴルフSV

 

VW ゴルフ SVのベストバイは?

ゴルフ SVを日本で乗るならば、中間グレードのSEに、1.4 TSI 125psと7DSGとの組み合わせがベストマッチでしょう。十分な動力性能と便利な2ペダルとの組み合わせは、TPOを問わず、あらゆる状況で活躍してくれるでしょう。

このSEは、コストパフォーマンスに優れているのも特徴です。エントリーグレードSの同一パワートレイン仕様ならば22,440ポンドという価格設定ですが、SEでは15インチスチールホイールから16インチアルミホイールにグレードアップ、高級感のあるフロントグリルの追加、本革巻きステアリング、リアセンターアームレスト、前席のシートアンダートレー、前席シートバックに付く後席用折りたたみテーブル、フロントシートのランバーサポート、さらにアダプティブクルーズコントロールなど盛りだくさんの装備が追加されるのに、価格は23,635ポンドで、その差額は1,195ポンドに留まります。

また、モアパワーや走りを求める方にはGT 1.4 TSI 150psの7速DSGもおすすめですし、MTで軽快に走りたいならば1.0 TSIを採用したSE BlueMotionも見逃せないグレードとなるでしょう。

 

VW ゴルフ SVのライバルは?

日本ではあまり見かけないCセグメントの背が高いモデルですが、ヨーロッパにはどのようなライバルがいるのでしょうか?

ルノー セニック

ルノー セニック

まず真っ先に名前が挙がるのが、ルノー セニックです。元々はメガーヌの派生車種としてメガーヌ セニックとして1996年に登場、このジャンルのパイオニア的存在となり、多くのメーカーに影響を与えました。このメガーヌ セニックがなければ、ゴルフ SVを含む後に続くモデルが存在しなかったと言えるくらいに重要なモデルです。

メガーヌ セニックは2代目からはメガーヌの名前が外れてモデルとして独立し、また3列シートのメガーヌ グランセニックや、クロスオーバーモデルのセニック XMDも追加されるようになりました。最新モデルは2016年3月のジュネーブモーターショーで登場、エスパスの弟分のようなボディデザインと2トーンカラーの設定が印象的です。インテリアには先行して登場したメガーヌに似た、大型ディスプレイが採用され、またスライド式センターコンソール(電磁ロック式)や電動格納式のリアシートなど、先進性を強調した工夫が随所に見られます。

セニックと比較するとトゥーランは保守的な印象を受けますが、スクエアなボディデザインのおかげで、室内の空間、特に後席まわりの余裕はトゥーランに軍配が上がりそうです。

なお、日本へは初代のメガーヌ セニック、2代目では3列シートのグランセニックが正規輸入されましたが、ルノーの日本での販売車種を集約する戦略から3代目以降は正規輸入が途絶えています。

シトロエン C4 ピカソ

シトロエン C4 ピカソ

セニック同様にフランス勢で見逃せないのが、シトロエン ピカソ C4です。こちらはメガーヌ セニックに刺激されるようにクサラ ピカソとして1999年に登場したのがスタートで、ベースとなるクサラがC4へ移行したことに伴い、2代目ではC4 ピカソとしてリニューアルされました。またセニック同様に3列シート7人乗りのC4 グランドピカソが追加設定されています。2013年には3代目に移行、C4 ピカソ/グランド C4 ピカソとネーミングが改められました。なお、3代目は「C4」を名乗るものの、EMP2と呼ばれるモジュール設計を標準モデルを採用したことから、その技術的な関係性は2代目のプジョー 308と近く、PF2プラットフォームを採用している2代目 C4とは同一シリーズとして位置づけられているものの、直接の関係がない点も特徴です。

こちらはシトロエンならではの独特な内外装のデザインや、前席上部まで回りこむ巨大なフロントウィンドウなど、その独創性が魅力的な1台。流線型のボディデザインと、それに伴うパッケージングはセニックに近く、空間の余裕という点ではゴルフ SVに軍配が上がりますが、C4 ピカソでは視覚的な開放感で心理的な居住性を向上させるという方針が取られています。

惜しくも日本から撤退したセニックに対して、シトロエンはクサラ ピカソ以来、このシリーズの日本への正規輸入が継続されているのもポイントで、その個性が日本市場でも広く注目されていることを裏付けています。特に3代目では5人乗りのC4 ピカソ、7人乗りのグランド C4 ピカソの両方をラインアップし、選択肢が広げられています。一方C4 ピカソには弟分として、C3 ピカソの設定もありますが、残念ながらこちらの日本への正規輸入実績はなく、知る人ぞ知るモデルとなっています。

フォード C-MAX

フォード C-MAX

もう1台見逃せないモデルが、フォード C-MAXです。登場は2003年で、2004年登場のゴルフ プラス同様に最後発の部類に入りますが、それだけにライバルの弱点を研究し尽くしたような完成度の高さを持っています。またデビュー当時はフォーカスの派生車種としてフォーカス C-MAXを名乗りましたが、2007年には独立したモデルとなり、MAXシリーズはフォードのMPVの共通したシリーズ名となりました。以来、S-MAXB-MAXなど、サイズの異なるMPVのラインアップが拡充されています。

2代目のC-MAXは2010年に登場、3列シート7人乗りのグランドC-MAXも追加されています。また2015年には、デザインを刷新し、フォード他車種との共通したアイデンティティを持つようにアップデートされました。

C-MAXの特徴は、日本車顔負けの工夫を凝らしたユーテリティ性を持つことです。例えばグランドC-MAXでは、2列目シートの中央席を格納することでキャプテンシートとして使うことが可能で、3列目へのウォークスルーを実現しています。またフォード自慢の3気筒エンジン、1.0エコブーストが広く選べることも特徴です。ゴルフ SVの場合、1.0 TSIはスペシャルグレードのSE BlueMotionでしか選択できないことを考えると、パワートレインの選択肢の幅ではC-MAXに優位性があると言えるかもしれません。他方、基本設計の新しさでは、やはりゴルフ SVに軍配が上がります。

C-MAXは初代モデルが日本にも正規輸入されていましたが、2代目の導入は見送られ、またフォードの日本撤退に伴いこの先の正規輸入の可能性もなくなってしまいました。

他にもライバルとしては、よりプレミアムな位置づけのBMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーや、メルセデス・ベンツ Bクラスなども挙げられます。これらのモデルはブランドに相応しい高級感を提供してくれますが、その分やや高価な価格設定となります。

また、ライバル勢と比較すると、ゴルフ SVはBクラス同様に3列シート仕様の設定がないことも特筆すべきポイントかもしれません。これはフォルクスワーゲンが、3列シートのミニバンとしては、別にトゥーランを用意して作り分けていることに起因します。

では、トゥーランとゴルフ SVを比較するとどうでしょうか?トゥーランはいざというときに7人乗れますし、室内空間もさらに余裕があります。しかしフル乗車を前提とした足回りは、その荷重に対応するために相応に固められており、乗員が少なければ、乗り心地が硬すぎると感じられる場合もあるかもしれません。大は小を兼ねるという発想の強い日本では、BMWやベンツのようなプレミアムブランド、強烈な個性を主張するシトロエンを除けば、このタイプのMPVは総じて苦戦してきました。しかし3列目を利用する機会が無いならば、5人までの乗車に最適化されたMPVは、3列シートのミニバンを上回る快適性を得られます。その中で、特に広く快適な空間を持つモデルがゴルフ SVであると評価することができそうです。

 

注目の並行輸入、VW ゴルフ SVの乗り出し価格は?

ゴルフ SVの英国での販売価格は、おすすめの構成であるSE 1.4 TSIに7DSGの組み合わせで、23,635ポンドです。日本に並行輸入した場合の乗り出し価格は、諸経費込みで370-420万円(2017年10月12日現在の為替レート1ポンド128円にて計算)となります。下に、最新為替連動による日本国内での乗り出し価格の目安を表示させていますので、ご参考にしてください。

トルクフルなディーゼルモデルや、軽快な走りが魅力のSE BlueMotion、また左ハンドル仕様の並行輸入も可能です。お気軽にご相談ください。

  • 車名
  • 国内乗り出し価格目安
    (税込・諸費用込)

国内乗り出し価格目安は、ご覧の時点での為替レートにて算出しております。 金額が表示されない場合は、しばらく経ってから再度アクセスをお願いします。

 

スペック表

フォルクスワーゲン ゴルフSV SE 1.4 TSIのサイズやカラーなどスペックは以下をご確認ください。+ボタンで詳細が表示されます。

フォルクスワーゲン ゴルフSV SE 1.4 TSI £23,635
車名 フォルクスワーゲン ゴルフ SV/Volkswagen Golf SV
エンジン、サンプルグレード SE 1.4 TSI
英国販売価格 £23,635
型式
初度登録 国内未登録新車
車検 受け渡し
走行距離
ハンドル
ドア数 5
カラー ユラノグレー(標準色/SL)
ピュアホワイト(OP/SL/£275)
トルネードレッド(OP/SL/£275)
リフレックスシルバー(OP/MTL/£560)
パシフィックブルー(OP/MTL/£560)
アズテック(OP/MTL/£560)
タングステンシルバー(OP/MTL/£560)
ライムストーングレー(OP/MTL/£560)
ナイトブルー(OP/MTL/£560)
ディープブラック(OP/PAL/£560)
オリックスホワイト(OP/Premium Signature/£985)
※OP:有料オプション
※SL:ソリッド塗装
※MTL:メタリック塗装
※PAL:パール塗装
全長x全幅x全高 4,434 x 1,807 x 1,578 mm
ホイールベース 2,685mm
トレッド(前/後) 1,543mm / 1,514mm
車両重量 1,383kg
乗車定員 5名
トランスミッション 7速DSG
エンジンタイプ 直列4気筒ガソリンターボ
総排気量/内径x行程 1,395cc / 74.5 x 80.0 mm
圧縮比 10.0
最高出力 125ps / 5,000-6,000rpm
最大トルク 148Nm / 1,400-4,000rpm
燃料タンク容量 50L
燃費 約18.2km/L(欧州複合基準)
ブレーキ形式(前/後) ベンチレーテッドディスク / ディスク
タイヤ/ホイール 205/55 R16
最高速度 約200km/h
0-100km/h加速 約9.9秒
特記事項 ※一部推定値、非公式情報を含んでいる場合があります。

 

車両詳細画像ギャラリー

VW ゴルフ SVのカタログダウンロード

フォルクスワーゲン 英国 ゴルフSVのカタログ・価格表・オプションリストダウンロード(VOLKSWAGEN UK GOLF SV)

 

VW ゴルフ SVの現地法人・ディーラーリンク

フォルクスワーゲン 英国 ゴルフSVのオフィシャルサイト(VOLKSWAGEN UK GOLF SV)
フォルクスワーゲン 英国 ゴルフSVのコンフィグレーター(VOLKSWAGEN UK GOLF SV)

 

おすすめ関連グッズ

ゴルフ SVの前身、ゴルフ プラスは日本では短命に終わってしまったモデルでしたが、そのパッケージングの良さは各所で高く評価されました。中でも自動車評論家の福野礼一郎氏は、当時同氏を主筆としてスタートを切った季刊誌「別冊CG クルマの神様」の第1号で、これこそゴルフであるとさえ絶賛しています。残念ながらクルマの神様は2号で終わってしまったのですが、現在も古本として入手可能です。掲載されている車種はさすがに古いものの、評価には普遍性があるので、今日でも十分に楽しんで読むことが可能で、おすすめの1冊です。

 

また同氏は近年も精力的な雑誌の連載を続けており、その人気から総集編の単行本やムックも販売されています。「晴れた日はクルマに乗ろう」はスーパーカー雑誌のF-ROADに2013年から2015年まで連載された企画で、総集編1巻にはゴルフVIIの試乗記も掲載されています。トーションビームのモデルとマルチリンクのモデルでのコーナリング姿勢の違いなどが、わかりやすく連続写真で掲載されており、こちらも要注目の1冊です。

並行輸入の新車・中古車に関する無料相談

コアカーズを運営する大阪のYMワークスでは、海外で販売されている日本未導入モデルや欧州仕様車、限定モデルの新車をはじめ、海外市場で流通する中古車を独自ルートによる直接並行輸入でご提供しています。気になるモデルやクルマがある方は、メーカー問わず、お気軽にご相談ください。もちろん、正規輸入車も幅広くお取り扱いしています。


並行輸入の流れを見る

Facebook・Twitterでもご購読できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

フェイスブックで最新情報をお届けします


Twitterでフォローしよう

【コメント募集中】ご意見・ご感想はこちらからどうぞ